fc2ブログ

ウクライナの風に吹かれて(番外編)

WWUT-東京公演

 以前述べたように、もう一つのWWUT地域で以下の超オススメ「特別講演」が本日開催されました。

CFU47「希望の大地」チャリティーツアー 東京”特別”公演
ウクライナの歌姫 ナターシャ・グジーコンサート
[ 出演 ] ナターシャ・グジー(歌・バンドゥーラ)
[ ゲスト ] 井上鑑(Pf.Acc.) マレー飛鳥(Vln.) 三沢またろう(Perc.)
    古川昌義(Gtr.) 市川慎(箏) and 吉田兄弟(津軽三味線)
[ 時間 ] 開場 14:00 開演 15:00
[ 料金 ] 6,000円(全席指定) ※未就学児童不可
[ 会場 ] かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール


 2016年のバルセロナ~キエフ公演のメンバーにギターやパーカッション等が加わって、お値段も6,000円とお高くなっています。もちろん平日の勤務時間中ですから、足を運ぶことはできませんが、正直、私はもう3度も公演に参加しており、お腹いっぱいの状況です。キエフ公演等のDVDを視聴する限り、私にとってはむしろ少人数のソロとピアノ(小関基之さん)のセットがいちばん良い。だから、出雲と鳥取が最上であったと確信しております。
 東京在住のWWUTメンバーが早速感想をショートメールで送信してきたので、その応答を掲載しておきます。

--
Q:終わりました、良かったです。バンドゥーラ面白かった。チェンバロ感。

-すごくよく出来た撥弦楽器だね。左手だけで低音部(ギターのネック部分)を奏でるところが先進的。パットメセニーが使うピカソ(リンダ・マンザー制作↓)と似ているが、バンドゥーラの方が洗練されている。問題は調弦の不安定さなんだけど。

Q:とくに変だとは感じなかったよ。

-わたしが聞いたなかでは、大阪と出雲が不安定でね。ネック部分(低音弦)の高フレットで明らかに音がずれていて、出雲ではステージ上で調律の道具を持ち出して直していた。鳥取は普通に聴こえたけど。

Q:箏(こと)も面白かった。

-あの若者(市川さん)はすごいね。バイオリンが前に出すぎてなかったか?

Q:バイオリンはそう言われればそうだったかもしれないけど、お上手って感じでむしろ気にならなかった。

-音が多すぎる。歌い手の良さを引き出そうとしていない。自分の力を誇示したい。「鳥の歌」のインストも聴いたが、全く良くない。音が多すぎることで曲を台無しにしていることに気づいていない。

Q:三味線は、演奏自体は良かったんだと思うけど、歌姫の声との相性が悪かったのかなという印象。

ーバンドゥーラと津軽三味線の相性が良くないのは素人でも容易に想像できる。なにより吉田兄弟をよぶプロデュースが良くない。ああいうペンタ系の音楽はロックバンドと共演していればいいと思う。


ピカソ01 ピカソ03 ピカソ02
ピカソとパット・メセニー


続きを読む

ウクライナの風に吹かれて(18)

WWUT徳島01


WWUT-徳島公演

 鳥取公演の後、ナターシャ御一行は、山口-広島-岡山をまわって四国入りされた。14日に徳島公演があり、高校・大学時代の友人が駆けつけるというので、急ぎWWUTのシャツを送った。WWUTのTは鳥取のイニシャルだが、徳島のイニシャルにもなる。と思って送ったのだが、あろうことか、NHKニュースに一瞬映ったというではないか。確認してみると、たしかに2秒ばかり友人が画面にあらわれ、「すばらしい」と述べている(↑↓)。シャツは青のLサイズ。ロゴはほとんどみえない。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/20221014/8020015889.html

 徳島公演が決まったのは遅く、実質の広報期間は三週間程度だったと記憶する。我が鳥取は、春から企画を始め、6月ころから仮チラシをもってどぶ板選挙のごとく歩きまわり、ポスターが完成して記者発表したのが一月半前。以後はもうガムシャラに動いた。徳島の場合、会場が重伝建「脇町」に近い山間部の美馬市だったこともあり、集客が不安視された。友人の見方では、収容定員500人のホールの前半分程度だったというから、250~300人というところであろうか。寄付金がない、というほどの状況ではないけれども、地元主催を務めた経験者として少々心配している。
 さて、徳島公演を検索すると、以下のようなニュースを見つけて驚いた。

ウクライナ出身の歌手が知事と面会
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/20221011/8020015865.html
「かわいそうではなく国に興味を」 ウクライナ出身歌手がコンサート
https://news.yahoo.co.jp/articles/82095b8583afb2f8c810cce58410a5bbe9077275

 今回のチャリティ公演は各県均一で、地域ごとの申し出は断る、というのがオフィス・ジルカ(以下、オフィスと略)の方針であり、私たちもほぼすべてのアイデアを拒否されていた。徳島だけ公演の3日前(11日)に知事と面会というのは明らかに特例である。遅れがちだった広報を挽回する最後のテコ入れだったのかもしれない。それにしても3日前の11日とはどういうわけか。CFU47のスケジュールを確認してみたところ、13日が愛媛公演となっている。愛媛に先駆けて一旦徳島入りし、愛媛公演後、徳島に戻ってきたということなんだろう。
 ところで、Tシャツはもう1ヶ所送っています。じつはそこもイニシャルTなの。


続きを読む

ウクライナの風に吹かれて(13)

FM鳥取01543342594 FM鳥取sam縦(2)543342598
新着WWUTのTシャツを着て。和服のMC山下弥生さんと。


FM鳥取に出演しました!

 昨日お知らせしたように、今日9月30日(金)午後1時半からFM鳥取に出演し、ナターシャグジー鳥取公演の広報をしてきました。ほんと、冗談だろ、と思うぐらい、最初から最後までアドリブでししたが、狼狽えることもなく、MCの山下弥生さんとロジャーさんに導かれるまま、平常心で話をすることができました。院生A君が録音してくれたので、以下にアップしておきます。
https://72.gigafile.nu/0109-def58b1ad05d804b0283c0b5af5d11ad3

 収録にはWWUTのTシャツを着ました。一昨日、東京から届いたばかりのTシャツです。放送では、最初からTシャツの話題になり、緑の眼鏡はコーディネートか、と問われましたが、関係ありません。Tシャツにあわせたのではなく、前から使っている緑の眼鏡とたまたまTシャツの色が近かったということです。Tシャツには水色とオレンジの2つのバージョンがあります。研究室メンバーは、みなこれを着用して講演会とコンサートに臨みます。

 今日の放送で重要な点は以下です。

1)10月4日の講演会はすでに満席になった。
2)10月5日のコンサートは、チケット販売枚数が定員450名に近づいている。「残りわずか」の状態であり、気になっている方は急ぎ購入してほしい。カフェでの販売はほぼ終わり、とりぎん文化会館、アコヤ楽器店、山下楽器などの公式販売所にチケットがわずかに残っている程度。

 感想が数名から届きました。まぁ、誉めていただきました。こういうときはだいたいオベンチャラなので、鵜呑みにしてはいけませんが、ラジオ出演初体験の割には上出来だったかな、と録音を聴きながら思っております。
 FM鳥取スタッフの皆さんや番組出演を後押ししてくださった皆さんに感謝申し上げます。


FM鳥取sam543342596 FM鳥取sam縦543342597 手前がロジャーさん


続きを読む

ウクライナの風に吹かれて(10)

地区公民館だよりsam クリックすると画面が拡大します


龍野から鳥取へ-播磨の動向など

 但馬(新温泉町)のチケット販売カフェは、もともと音楽好きであり、今回のチャリティ・チケット販売にも熱心に取り組まれ、そこそこの成果が上がっています。一方、播磨(佐用平福)のチケット販売カフェも熱心ではあるものの、大きな障壁があって、売れ行きが伸びていきませんでした。17日にCFU47兵庫公演が龍野でおこなわれたからです。佐用から龍野は近いので、お客を取られてしまったということなんですね。ところが、龍野公演に参加した数名の方が感激し、やっぱり鳥取にも行くと言い出して、チケットが足りなくなりそう、という嬉しい悲鳴が電話口から飛び込んできました。カフェのオーナーは、前夜の学術講演会にも参加されるので、その際追加のチケットをお渡しすることになりました。
 今回、鳥取市以外で販売実績が高かったのは旧八頭郡の河原と郡家周辺です。旧知の知人が販売に尽力してくれたからです。とくに私の故郷の河原では、人権関係のグループ2組が研修で参加してくれることになったのですが、公民館便りがでた昨日、やはり追加分がほしいという連絡がありました。これはもう市内の公式販売所から買っていたくしかなくなりました。でも、これもまた嬉しい悲鳴です。残り2週間を切って、ここからチケットはまた大きく動くと聞いています。
 そうそう、公式販売所の山下楽器では、大正琴グループのリーダー格のマダムに電話しました。大学のある若葉台の方で、「大正琴とバンドゥーラの音色はよく似てるんですよ~」の口説き文句をもってお誘いしたところ、5日(水)は大丈夫の即答あり、仲間にも声をかけてみることです。後期が始まって教育業務がなにより忙しく、あちこち動くのが難しくなってきましたが、各販売所での売れ行きを祈るばかりです。


《連載情報》ウクライナの風に吹かれて
(1)CFU47ナターシャ・グジー 鳥取公演 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2606.html
(2)8月23日の記者発表と報道 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2607.html
(3)県民ふれあい会館ホールの下見 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2608.html
(4)鳥取大学での広報活動 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2609.html
(5)学術講演会予報(1) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2610.html
(6)故郷-ふるさと http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2612.html
(7)『政経レポート』1500号-CFU47鳥取公演 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2613.html
(8)『政経レポート』1501号-学術講演会予報(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2615.html
(9)但馬の報道 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2616.html
(10)播磨・河原・大正琴 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2618.html
(11)ユリアさん登場、講演会報道 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2619.html
(12)FM鳥取に出演します http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2620.html
(13)FM鳥取に出演しました http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2621.html
(14)コンサート開場時刻の変更! http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2622.html 13:00開場


 

続きを読む

ウクライナの風に吹かれて(9)

220916神戸新聞トリミング但馬版「情報クリ�ップ」_page-0001 220916神戸新聞sam但馬版「情報クリ�ップ」_page-0001


但馬の報道

 9月15日に神戸新聞から事務局に電話取材があった。同紙でナターシャ・グジーさんのCFU47鳥取公演の情報を掲載したいという。これは嬉しい悲鳴である。懇切丁寧に対応した後、新温泉町のチケット販売カフェ「珈琲庵 悠々 どんぐり」さんに電話したところ、チケットの出が伸びつつあるものの、底上げでもう一つプッシュしたいという気持ちから地元の4紙支局に広報の電話依頼をされたのだという。その策が見事奏功して上の案内が掲載された。なぜこういう斬新な発想が生まれたかというと、どんぐりさん自身がライブを主催されているからである。ジャズと津軽三味線のミュージシャンを交代々々に招聘されていて、次回は11月13日(日)、津軽三味線の高橋竹童さんのライブがある。お問い合わせは、0796-82-5656。
 改めて思う。いわゆる麒麟獅子の分布地域は、鳥取との距離が近く、風土が近しい。鳥取から悠々庵まで車で35分である。但馬の近接地域は伯耆以上に集客が見込めるのである。私は18日(日)、追加のチケットを珈琲庵にお届けした。一方、やはり距離的に近しい関係にある兵庫県の佐用平福の状況は異なっていた。鳥取道(高速)を使えば45分程度の距離にあるけれども、売れ行きは芳しくなかった。それもそのはず、17日(土)にCFU47兵庫公演が龍野でおこなわれたのだ。かなりな聴衆が龍野に流れたと想像している。
 17日(土)には、相方と分かれて、鳥取県中西部のチケット販売所を訪問し、一部のチケットを回収した。残念ながら、いまのところ伯耆での動きは鈍く、逆に因幡・但馬で活性化している。前者の一部のチケットを後者にまわすことにした。全体としてチケット販売は順調であり、滋賀・埼玉などからの問い合わせも届いている。鳥取公演は「ピアノ伴奏付きオススメ公演」であり、他県で弾き語りのみを鑑賞されたお客さまも、鳥取ではまた別の魅力を堪能できると確信している。


《連載情報》ウクライナの風に吹かれて
(1)CFU47ナターシャ・グジー 鳥取公演 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2606.html
(2)8月23日の記者発表と報道 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2607.html
(3)県民ふれあい会館ホールの下見 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2608.html
(4)鳥取大学での広報活動 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2609.html
(5)学術講演会予報(1) http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2610.html
(6)故郷-ふるさと http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2612.html
(7)『政経レポート』1500号-CFU47鳥取公演 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2613.html
(8)『政経レポート』1501号-学術講演会予報(2)http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2615.html
(9)但馬の報道 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2616.html
(10)播磨・河原・大正琴 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2618.html
(11)ユリアさん登場、講演会報道 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2619.html
(12)FM鳥取に出演します http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2620.html
(13)FM鳥取に出演しました http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2621.html
(14)コンサート開場時刻の変更! http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2622.html 13:00開場

続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR