fc2ブログ

大雲院と鳥取東照宮(ⅩⅩⅦ)

 161226 庫裏保管


摩尼寺仏具の調査

 ゆめみし君と同じく、わたしも昨年末に補足調査をおこなったので、ここに報告しておきます。 
 12月26日(月)。摩尼寺の本堂と善光寺如来堂で仏具を調査しました。調査日に某供養がおこなわれるとのことなので、まずは庫裏に保管されている供養品として寄付された品々や住職個人所有の仏具をみせていただきました。


 161226 豆燭台  161226 火舎1  161226 火舎2  161226 觚形華瓶  161226 閼伽桶?


 大雲院や摩尼寺本堂などではみられない法具が多く、とても面白かったです。上の左から一枚目は燭台(蝋燭立)は豆燭台です。出張の際に持ち運ぶための仏具セットです。これまで普通の大きさだと思ってた仏具が大型サイズであることを知り、驚きました。2~3枚目はいずれも火舎香炉なのですが、2枚目のような小さい穴のまとまったものや3枚目の右側(左側はめくれてしまっている)のような線状の煙穴で意匠を作るものは初めて見ました。4枚目は華瓶なのですが、標準とされる「亜字形」でも「徳利形」でもなく、改めて調べてみると「觚(こく)形」と言われるものだと分かりました。5枚目は初めてみた仏具で、これまで調べた密壇まわりの品々に当てはまるものがなく、首をかしげていました、後日別のことで調べものをした際に蓋つきの閼伽桶(浄水を入れておく容器)ではないかなと思いました。

 供養が終わった後、密壇上を天台宗の指南書に従って並べ替えていただき、それを撮影しました。帰宅した後に気づいたのですが供養後に燭台に蝋燭を付け替えるために退かしていたらしく、多少異なった形になってしまいました。

 161226 燭台抜け忘れ  161226 燭台
 (本来は下の両角に右写真の燭台が置いてある、前回の調査で撮影)

 今回の調査では”摩尼寺の密壇仏具”に加えて庫裏に保管されていた仏具を撮影できたのが大きな収穫でした。多少入れ替わりがあれど基本的に形式が揃っていて、統一性があるものがこれまでで多かった中でユニークな仏具が実見できてよかったです。 (キム3号)

大雲院と鳥取東照宮(ⅩⅩⅤ)

20161005赤外線①


赤外線カメラを用いた試写実験

 研究室に未使用の大型カメラが2台あり、大雲院の美術品・建造物研究に使おうということで夏休みから準備を進めてきました。10月5日のゼミでは、3年生が立川の町並みに繰り出すなか、4年・院生5名は大雲院に残り赤外線カメラの試写をおこないました。赤外線カメラの機種はRICOH PENTAX 645D IRです。とても高価なカメラだと聞いています。赤外線カメラを使うと、摩耗などでみえなくなった墨書文字が浮かび上がってみえます。RICOH PENTAX 645D IRは従来の赤外線カメラとはちがい撮影した被写体に悪影響を与えない赤外線撮影が可能となっています。そのためゼミ生でも安心して赤外線撮影ができます。
 撮影する上で重要となってくるのがIRカットフィルターです。カットフィルターがなければ赤外線撮影はできません。この購入にはなかなか時間がかかりました。フィルターにも種類があり、研究室ではIR76 IR80 IR90の3種類のフィルターを仕入れました。数値が高いほど可視光をカットしてくれるのですが、その分写真全体が暗くなっていきます。被写体にあわせていくつかフィルターを変えて撮影したほうがいいかもしれません。夏休みの間は、鉛筆で書いた文字をマジックで塗りつぶしたものを赤外線カメラで撮影するなどいい加減な実験しかしていなかったので(文字ははっきり浮かび上がりました)、大雲院の活動では赤外線カメラの真価が問われます。


20161005赤外線②
(上)通常撮影  (下)赤外線撮影 *「吉隆」の隆が上では不明瞭だが、下では鮮明。
20161005赤外線③


 上の2枚の写真を見比べてみると、赤外線カメラの真価が分かります。かすれてよく見えなかった「こざとへん」の文字(隆)も、フィルターを通してはっきりと浮かび上がりました。今後古文書・棟札等を調べる上で大いに期待がもてるカメラだということが再確認できました。
 しかし、課題もあります。大きくて重たいカメラなので、多少の手振れでも大いに画像の乱れをきたすことから、撮影にあたっては三脚・レリーズを用いるべきでしょう。もちろんフラッシュも必要となります。今年は予算の少ない一年ですが、先生はしぶしぶ付属品の購入も認めてくださいました。一方、年輪等の撮影については赤外線カメラはあまり有効ではありません。年輪測定については、また専用の大型カメラがあり、いまキム3号が操作法を勉強中です。
 なお、使用上最も注意すべきは、不用意に人に向けて撮影しないということです。赤外線カメラによる盗撮事件が巷ではチラホラと挙がっているみたいで、そんな誘惑に鬢鬢かられないわけではないにせよ(冗談です)、そんな事件性も孕んだカメラなので、取り扱い要注意です。ひょっとすると、この2台の大型カメラが大雲院の美術・建築史研究に大きな成果をもたらすかもしれません。(麻原鬢鬢20)

大雲院と鳥取東照宮(ⅩⅩⅣ)

 8月30日の調査続報をお届けします。わたしは主に麻原くんの鰐口計測の補助をしていましが、空いた時間に大雲院本堂、大師堂の仏具の「徳川三つ葉葵の家紋」の調査を行いました。今回は①本堂: 磬机、左右脇机、密檀上香炉、華瓶・香炉・燭台の三つ具足 ②大師堂: 護摩壇上香炉、三つ具足 ③共通: 鼓三宝、湯呑み の調査です。

三つ葉葵家紋数
・本堂  磬机⇒46ヵ所、左右脇机(左右共通)⇒86ヵ所、密檀上香炉⇒4ヵ所、三つ具足(華瓶⇒4ヵ所、香炉⇒1ヵ所、燭台⇒2か所)、角香炉⇒4ヵ所
 磬机と脇机のものは塗装の剥離具合や彫りの埋もれ具合に差はあれど、ほぼ同じデザインであり、同年代のものだと推測されます(※左脇机と磬机はセットのもの)、同様にセットである三つ具足もほぼ同じデザインになっています。大師堂のものも同様ですが密檀(護摩壇)中央に置かれる香炉では、表面に彫られているのではなく、煙の出る穴で三つ葉葵をあしらっています。また、蓋の上部にあるものはそのまま三つ葉になっているのですが、側面にも葉がばらばらに3枚あけられており、3ヵ所あわせて三つ葉葵を表すという珍しいものになっています。


160830磬机家紋 160830磬机金具 磬机   160830脇机家紋 160830脇机金具 脇机

160830香炉 香炉

本堂:三つ具足
160830華瓶1 華瓶   160830三香炉 香炉(三つ具足)   160830燭台 燭台

160830角香炉 本堂 角香炉(本堂美波)


・大師堂 護摩壇上香炉⇒4ヵ所、三つ具足(華瓶⇒4ヵ所、香炉⇒3ヵ所、燭台⇒なし)
 護摩壇の香炉は本堂密檀のものと異なり、蓋上部の三つ葉葵が崩された形で開けられている。また、こちらの三つ具足は華瓶、香炉が本堂のものと同じであるのに対して、燭台には三つ葉葵が彫られておらず、燭台のみ別のもの(破損かなにかしらで後から補充された)の可能性がある。

160830香炉(大師堂)   160830香炉(大師堂2) 香炉(大師堂)

大師堂:三つ具足(燭台は家紋なし)
160830華瓶2縦 華瓶   160830三つ香炉2 香炉(三つ具足)

160830角香炉 大師堂 角香炉(大師堂)


・共通   鼓三宝⇒5ヵ所、湯呑み⇒1ヵ所
 鼓三宝は仏像や厨司の前にあり、御供え物などを置くもので、足の部分の形が鼓(太鼓の一種)ににてることからそう呼ばれるようになった。(キム3号)

160830鼓三宝 160830鼓アップ 鼓三宝   160830湯呑 湯呑み

大雲院と鳥取東照宮(ⅩⅩⅢ)

大雲院本堂(旧霊光院)の鰐口

 8月30日(火)、会長の指導の下、私とキム3号で大雲院仏教美術品の調査を行いました。キムは本堂密壇周辺の法具、私は鰐口や寶篋印塔など仏堂の外側にある美術品を中心に調査しました。
 大雲院には鰐口が二つあります。一つは大師堂に飾られている大雲院本来の鰐口。もう一つは今回調査した旧霊光院本堂の鰐口です。以前計測した大師堂の鰐口とデータを比べると、二つの鰐口の特徴が明らかになります。


20160830ブログ用①.jpg
本堂(霊光院)の鰐口
縦:528mm
径:573mm
幅:218mm

20160830ブログ用②.jpg
大師堂(大雲院)の鰐口
縦:377mm
径:410mm
幅:182mm

 今回調査した旧霊光院本堂の鰐口サイズは、大雲院の鰐口サイズをすべての値で上回っています。また、鰐口の形状にも違いが見受けられます。とくに鰐口の「目」と言われる部分が注目されます。「目」とは鰐口の左右にある筒上の突起物を指し、この目の付け根と目の先端との距離によって、鰐口の年代をおよそ判別ができます。付け根と先端との距離が離れているものほど古い鰐口といえるそうです。この説に照らして、二つの鰐口の目を見比べてみましょう。
 大雲院の方が霊光院のものよりも、目の付け根と先端が離れているように見えます。大雲院鰐口の制作年代が東照宮勧請の慶安3年(1650年)に遡るのに対して、霊光院本堂の鰐口の制作は天保10年(1839年)と幕末まで下るのです。両者の制作年代は200年近い差があります。時代が進むにつれて現れる鰐口の変化を読みとることができるでしょう。


20160830ブログ用④.jpg
左:大雲院鰐口  右:霊光院
20160830ブログ用⑩  20160830ブログ用③.jpg


続きを読む

大雲院と鳥取東照宮(ⅩⅩⅡ)

20160803③ 20160803⑥ 不動明王厨子と大権現厨子


建築厨子の多重撮影

 8月3日(水)。この日のゼミ活動は昨日に引き続き、大雲院にある仏教美術品の多重撮影をおこないました。大師堂にある不動明王厨子を棚からおろして、東照大権現厨子を撮影しやすい位置に動かすため、試験期間中の3年男子2名も手伝いに来てくれました。左にある不動明王の厨子を下に運ぶ作業はとても大変でした。
 下の写真は畳に降ろした不動明王厨子を撮影しているところです。厨子の内部には本来仏像が収められているのですが、厨子を運びやすくするため中の仏像はあらかじめ別の場所に移しておきました。そして、内部をみたところ、厨子の背面壁板にびっしり墨書が残っています。そのなかに「右尊像者天保九戌五月當山祖堂…」の墨書を残し、仏像は天保9年(1838)の制作であることが分かります。さらに住職によれば、この時期に樗谿の大雲院では元三大師堂の再建をしているそうです。不動明王厨子の制作された天保9年ころに樗谿大雲院で大師堂を再建したということから、幕末に樗谿で建立された大師堂を明治以降に曳家した可能性も浮上してきています。大師堂がかりに幕末にまで遡るとすれば、樗谿大雲院建造物の唯一の遺構ということになるので、今後精査する必要があるでしょう。18世紀中期に遡る「大雲院本坊指図」には再々建された大師堂を描いており、渡り橋で本坊とつないでいます。指図中の大師堂は現在と同じように2室に分かれていて、立川大雲院の大師堂にきわめてよく似ています。


20160803⑩20160803⑦
左:不動明王厨子 右:同内部



続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR