fc2ブログ

空き家探索(8)-上方往来河原宿その7

221118 T01家(空撮配置図1 221118 T01家(屋根伏図1


河原宿T01家 第3次調査

 11月18日(金)、6名で鳥取市河原宿の第3次調査(補足的な視察)をおこないました。今回は、滋賀県より一級建築士のゼミOBをお招きして、再生構想案を考察しました。こうした視察と議論のなかで、構想の是非や課題が見え始めてきました。そのときの議論をまとめます。

 西蔵: 西蔵は、書庫兼アトリエとします。
 土蔵は、仮想の施主が所持する数多くの書籍類の保管に適しています。書籍保管のため、本棚を設置します。蔵の内観に合わせ、木造の本棚としますが、木材だけでの棚だと蔵書の重さへの耐久に不安があるため、スティールでの補強を一部で行ってはどうか、との意見も出ました。これについては、必要ないという意見もありました。もちろん書庫だけでは意味がないので、本棚に囲まれたスペースは書斎(アトリエ)として、作業机、コピー機、Wi-Fiなどの機器を設置します。空調についても考えなければいけません。
 西蔵は桁行規模が4間に切り縮められているので、当初はワインセラーとして酒類の貯蔵庫にすることも考えていましたが、再訪して体感するに、思いのほか広さがありました。アトリエ兼書庫の面積として十分です。そこで、南蔵をカフェ兼ギャラリーとし、西蔵にアトリエ兼書庫としての機能を想定しました。なにぶん書籍の量が多いので、1階・2階とも書庫としての用途が重要ですが、スペースが空くなら、酒類の貯蔵場所にもなるでしょう。
 蔵には照明機器が設置してありますが、電線からの供給はされていません。独立して使用できるよう、配線の接続が必要です。
主屋のツノヤ増設の際に切り取られたと思われる南面の妻壁は、トタン張りで劣化しており、スギ材などを用いて、補修・整備を行う必要があります。


221118 T01家(西蔵妻壁  220518 T01家(西蔵妻壁2
↑西蔵 妻壁

20221118 T01家(西蔵古民具01 20221118 T01家(西蔵古民具02
↑西蔵に残る古民具


 南蔵:南蔵はカフェ兼ギャラリーとします。
 当初は桁行7間の南蔵に書庫兼アトリエの機能を与えようと考えていましたが、前述のように、西蔵をその方向で改修するため、南蔵は近接するハナレ(亭閣)とともに、一般に公開可能なカフェ兼ギャラリーにしようと考えています。南蔵一階にはカウンター・キッチンを設置します。キッチンの上側を吹き抜けとすることで、湯気・臭気・煙を2階妻壁の小窓(2か所)から逃がし換気します。また、吹き抜けから天井の小屋組みを見られるようにもなります。内側の広いスペースには、テーブル、カウンター、椅子を並べます。また、この蔵の片側も書庫としての機能をもたせます。書物だけでなく、施主が長くコレクションしてきたレコード、CD、カセットテープ類も収納し、プレーヤ等で音楽を聴けるようにします。
 この蔵はもとは箪笥蔵だったと思われます。主として2階に収蔵されている箪笥はデザインや形状が様々で、日本古来の美学をよく表現しています。これらのタンスを桁行方向窓際の棚の上下に配置すれば、ちょっとした箪笥博物館の様相を呈します。空いたスペースには、味噌蔵などに放置されている古民具を洗浄して展示するのもよいかもしれません。こうした古箪笥や民具のギャラリーとして2階は機能させますが、その空間は多目的であり、カフェになったり、ライブをしたり、研究会を開催できるようにしようと思います。なお、2階にある押入は2段ベッドに改装します。ゼミ生やOBなど研究室の関係者がいつでも宿泊できるようにする予定です。
 1階のカフェでは、シンプルの茶菓のセットを提供します。メニューは簡単にするのが好ましく、飲物は珈琲、チャイ、中国茶、庭のハーブティなどを施主は想定しておられます。これと寒天仕立てのフルーツゼリー等のセットにしたいとのこと。料理についても単純にして、精進ボルシチ、精進フォー、精進蕎麦(摩尼蕎麦)などに限ります。
 西蔵同様、電線とつながっておらず電気の供給がされていないため配線の設置が必要です。また、キッチン、トイレの設置に伴い換気設備・上下水道の設備が必要です。


221118 T01家(南蔵内部、タンス  221118 T01家(南蔵押し入れ
南蔵に残るタンス、押し入れ


続きを読む

空き家探索(7)-上方往来河原宿その6

20220720 T01ハナレ外観(路地側  T01ハナレ庭側


河原宿T01家 第2次調査

 7月20日(水)、5名で鳥取市河原宿T01家の第2次調査をおこないました。今回は土蔵1(南蔵)の東側に隣接するハナレ、土蔵2(西蔵)の北側に軒を連ねる裏木戸・味噌蔵の実測・採寸に加えて、フォトスキャン図を利用して屋敷の正面(街道側)と側面(小路側)の採寸にも取り組みました。
 ハナレ: 私ともう1名は、南蔵に隣接するハナレ平面の実測・採寸を担当しました。ハナレは6畳の畳間の2方向に縁をめぐらせており、1・2階で柱の位置を揃える総二階形式の小さな「楼閣」です。縁の外側に障子はなく、雨戸のみと し、入 口は雨戸に建付けられています。茶室のにじり口を思わせる小ぶりの戸口。この戸口から室内に入り、縁の雨戸を開け放して二面開放とし、その全体が入口の役割を果たしていたと考えられます。内装は瀟洒な数奇屋であり、昭和戦前の建築と推定されます。2階の縁側には欄干があり、外側に1階と同じ雨戸を通しています。階段まわりの手すりは凝っていて、欄干と接続しています。実測前は南蔵付属の納屋だと思っていました。そういう地味な外観をしているのですが、中に入って驚きました。上下階とも六畳一間の客間であり、小振りの亭閣として注目されます。


実測図清書(平面図 ハナレ1階) T01家 ハナレ2階    20220720 T01納屋2階01
実測図清書(ハナレ 1階・2階)

20220720 T01ハナレ手すり01  0220720 T01ハナレ手すり02
2階階段まわりの手すりと縁


続きを読む

中国道蕎麦競べ(25)-扇屋

1_202206221757168e8.jpg 3


 6月11~12日、出雲を旅してきました。昨年度末2月ころからこの出張企画はあったのですが、オミクロン株蔓延のため延期を重ねてきて、ようやく実現に至ったところです。出雲を訪問する目的は二つあり、一つは「山中の蕎麦屋はなぜ繁盛しているのか」という一昨年以来の主題の継続であり、JR木次線亀嵩(かめだけ)駅の駅舎内にある「扇屋そば」を訪問すること、また、いま河原町T01家土蔵の利活用計画を学生が考察する上で、類似する立地環境にある出雲中町商店街のジャズ喫茶「サテンドール」を視察すること参考にしてもらいたかったのである。
 いまひとつは12日のナターシャ・グジーさんの出雲公演に参加するとともに、出雲に避難してきている4名のロシア避難民と情報交換することでした。初回は、私の修士研究と係る3つの場所について報告します。(金巴克)


4 7_20220622180033427.jpg


亀嵩駅の扇屋そば

 6月11日(土)、まず奥出雲の扇屋そばを訪れました。JR木次線の亀嵩駅(無人駅)の構内をまるごとそば屋にしたお店です。昭和48年創業。昭和の時代にタイムスリップしたような空間だと先生は仰います。近年では、山間地域の過疎化に伴い、いくつかの路線は廃線の危機にさらされていますが、そば屋の店員さんが改札を担当するなどの工夫により、駅舎の運営とそば屋の経営を統合することで合理化を図り、同時に「山中の蕎麦屋」として大勢の客を与えている点、山間過疎地活性化の模範例と言えるのではないでしょうか。先生によりますと、鳥取の若桜線安部駅が似たような取り組みをしているそうです。「寅次郎の告白」(1991)の最終ロケ地としてパネル展示がなされ、美容院が駅舎内にとりこまれて、店員が改札をおこなっています。亀嵩駅駅では改札だけでなく、車両が停車するたびに握り飯弁当をプラットフォームで予約客に販売しています。注目すべき取り組みだと思います。   
 店内はレトロな良い雰囲気で、コロナ禍の影響をものともせず、この日もほぼ満席でした。店内の壁には、テレビ局や芸能人のサインが数多く飾ってあります。蕎麦は、国産の厳選したそば粉を使用しています。石臼でそば粉を挽き、奥出雲の天然水を使用し、手打ちで仕上げたこしのあるそばです。を提供しています。私は山かけそばを注文しました。そばはやや硬めで、軽い風味と歯切れの良い食感が特徴です。美味しかったです。



6_20220622180032c1a.jpg 5


旧大社駅修理中

 夕方、出雲市に戻り、旧大社駅を訪問しました。ところが、素屋根がかかって修理中です。旧大社駅は、明治45年(1912)に国鉄大社線の開通により開業され、大正13年(1924)2月に改築されました。大社線は出雲大社への参詣のために敷設された路線で、大社駅は平成2年の廃駅まで出雲大社の表玄関口として親しまれていました。JR大社線は、平成2年(1990)3月31日に廃止され、その後、旧大社駅舎は平成16年(2004)、国の重要文化財に指定されました。残念ながら現在、駅舎は素屋根で完全に隠され、中に入ることはできません。工事は令和7年(2025)12月20日まで続くそうです。
 但し、駅のホームは開いており、昭和に使われた古い機関車D51が展示してありました。見た目は新しく、周辺の学校の小学生たちが再塗装をおこなったようです。


8_20220622181148b51.jpg 10.jpg 9_20220622180036415.jpg


続きを読む

空き家探索(4)-上方往来河原宿その3

0518谷本家00正面外観01web 0518谷本家00廊下の調査風景01


長押のない書院

 5月18日(水)、全体ゼミにOBまで参加して、大所帯での河原宿T01家の調査に取り組みました。実測・採寸の対象は主屋と土蔵2棟であり、さらにドローンによる空撮もおこないました。
 主屋の平面については、前日、4年生以上がカフェ黒田で経験したばかりです。私たち3年生は4年以上の先輩とペアを組みました。院生・4年生も茶室と黒田家で訓練してきたものの、まだまだ初心者で不慣れな中、後輩を指導しつつ自分も間取りを描くので大変だと思いました。ペアになった一組で1枚の実測図を仕上げるのではなく、全員が画板と方眼紙をもって間取りを描いていきました。この間、先生は主屋全体の平面図を描いていかれましたが、柱筋のずれが激しく、予想以上に苦戦されている模様。


0518谷本家01奥の間01調査風景01 0518谷本家01奥の間02座敷飾sam


 平面図を作成していて分かったのは、前日のカフェ黒田がそうであったように、農家の前側に武家屋敷(書院造)の要素を大々的に取りこんでいることです。オクノマの座敷飾は、黒田家と同じく、左から平書院・床・棚と並びます。欄間も類似のものが入っていますが、長押を全く使っていません。これは古式であり、ひょっとすると、葵御紋のコテ絵を残す土蔵の年代と一致し、幕末まで遡る可能性もありますが、とりあえず今回は幕末~明治前期(推定)としておきます。


0518谷本家01奥の間03平書院の裏の古壁web 0518谷本家01仏間sam
↑(左)平書院の裏側に残る古い壁 (右)仏間
0518谷本家11奥の角屋02天井web ツノヤの一番奥の寝室(天井)


続きを読む

実測演習(2)-カフェ黒田

0517黒田家01実測風景04浅川・上野 0517黒田家01実測風景01寺澤・上野・上田


農家に定着した書院造の諸要素

 5月17日(火)。先週の茶室での実習に引き続き、郡家の古民家カフェ黒田にて実測・採寸に取り組みました。4年生以上の5人で、一人が2部屋ずつ描き、キッチン部分を除く平面図を完成させました。
 私が今回担当したのは仏間とその隣の旧板間(広間=玄関横の部屋)の2部屋です。測量するにあたって建物の造りを細かなところまで見ていくと、いくつか発見をしました。仏壇は半間の押入(片開戸)横の中央奥に位置し、仏壇の前に新しい板材が上下にh張ってありました。かつては、この部分に引き違い戸(襖?)があり、敷居・鴨居を新材で隠した可能性があります。また、旧板間の前方には板間が残っていました。板材は比較的古く、増設ではなく、当初材の可能性があります。


0517黒田家03内部01床と平書院01 0517黒田家03内部02棚と長押と床柱
↑(左)床と平書院 (右)棚と長押と床柱


 休憩時間には、民家(農家)における書院造、すなわち武家屋敷の影響を学びました。まずはいわゆる「座敷飾の3点セット」から。座敷飾の3点セットとは、押板(床)・棚・付書院のことです。このうち付書院は出文机、棚は巻物棚を原型としており、つまり「机+本棚」であることから、書院は「書斎」のことであったことが分かります。押板(床)は、唐物数奇(中国の骨董や絵巻物)の展示棚です。カフェ黒田の場合、付書院は机を縁に出さない平書院の簡略形式になっています。このような座敷飾は武家屋敷の書院に特徴的なものですが、江戸期には豪農の住まい、明治期以降、小作農の住まいに波及していきます。


0517黒田家01実測風景05上田 0517黒田家01実測風景03東・浅川 0517黒田家01実測風景02テイ


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR