fc2ブログ

発掘された『田中淡著作集』

前期授業が始まりました!

 前期1週目を終えてホッとしている。何年経っても、1週目は緊張するんです。

 4月9日(火): 3限「住まいと建築の歴史」(2年次以上)スタート。第1講は簡単なオリエンテーションとミニ講義「遊動から定住へ -住居の起源」。旧石器・縄文建築論である。2年前(2022)のこの講義では、履修生170名に達し、200講義室(大講義室)を使った。コロナ禍の最終年度だったが、途中から濃厚接触者・感染者続出、わたしも最終講義で感染した苦い経験がある。コロナを差し引いても、わたしのBRD式講義では、毎週全レポートを採点する必要があり、百数十名の採点に疲弊した。これに懲りて、昨年(2023)より履修制限をかけ、希望者には「履修したい理由」を書いてもらうことにした。その締め切りも早くした。すると、70名にまで履修者は減り、今年はさらに半減して、13講義室(小講義室)で授業をおこなうことになった。少なすぎるような気もするが、わたしの講義は13講義室で始まったので、原点回帰でよいと思っている。当初の履修生はわずか12名。それがみるみる増えていき、100名を超えるようになった。コロナ前には140名に達し、それでも辛抱したが、コロナ中の170名でギブ。あとで学生に話を聞くと、希望申請の締め切りが早すぎて、気付かなかったと言われた。本日まで追加受け入れすることとした。
 4・5限は卒論ゼミ。まず座席を決め、掃除。民家指向の女子3名はJW-CADのエクササイズ、男子2名はマカオ「茨林囲」の文献をディープルで読み始める。まずは、漢字には繁体字/簡体字/日本漢字の3種類があることを教え、ディープルを使う場合、簡体字を使うのが良いと指示した。台湾・マカオは繁体字であり、繁体字→簡体字の互換サイト復活!

 4月10日(水): 3限よりゼミ。昨日の活動を続ける。ちなみに教則本『はじめて学ぶJW-CAD』は以下のスケジュールを学生が自主設定した。わたしは指導しません。上級生に指導係もいません。自分でがんばれ!
 4/09 p1~50(線・円の作図)
 4/10 p51~95(家具・平面図の作図)
 4/16 p96~124(文字・寸法の作図)
 4/17 p125~145(レイヤの操作練習・図面枠の作成)
 4/23 p146~189(演習:1階平面図の作図)
 4/24 p190~224(演習:2階平面図の作図)


 

続きを読む

新年度の始まりは再会から

2024JOCA01.jpg 2024JOCA.jpg


JOCA南部-ブータン蕎麦と旧院生研修

 ロスで翔平が今季第1号のホームランを打った日、南部町法勝寺では蕎麦屋「やぶかつ」で将平が昼定食を食べていた。桜は小雨の八分咲。就職した青年海外協会JOCAの研修がJOCA南部でおこなわれていたのである。ちなみに、研修生6名は各地のJOCAで活動するが、その全体研修の会場が南部であり、5日で研修は終了し、全国の赴任地に散らばる。旧院生(将平)の場合、赴任地は広島県安芸太田市のJOCA×3(やぶ月)である。JOCA南部までのこのこ出かけていって旧院生に再会し、好物のブータン太麺きつね蕎麦をたくるのが目的というわけではなかったが、昼食時間に照準をあわせて訪問し、2週間ぶりの再会を果たした。ほんの半時間ばかりの再会であり、まもなく旧院生は新人研修の仲間たちと午後の活動に消えていった。


2024JOCA03東01


 そこから大根島に向かった。中村元記念館を訪れ、『アシ・ツォメン みずうみのマーメイド』を献呈するとともに、今年から始まる年度業績の提出法について、少し具体的な話をうかがった。ずっと小雨が降っていて、中海も日本海も煙っていたのが残念。米子周辺のガソリンの高騰には驚いた。180円/㍑が平均値で、安くても178円(中部よりのエリア)、高ければ181円。なんでこんなに高いのか。奈良だとまだ160円代であり、鳥取インター近くのスタンドでは割引価格で154円なのに。鳥取インターから菖蒲集落は近い。昨年、ナマズ獲りに精を出した場所だ。その情報を知らせてくれた人物は県立中央病院で出会った中学校の同級生である。そうだ、彼女にも絵本をあげよう、ということで立ち寄ると、お返しに大粒イチゴのパックを一箱いただいた。田舎暮らしはこういうところがいいね。美味しかった。


2024JOCA02桜02 2024JOCA02桜01


続きを読む

ブータンの絵本『アシ・ツォメン みずうみのマーメイド』刊行!

 卒業式を終え、春休みで奈良に戻ってきて、その夜はまだ勢いでパソコンを動かせるのだけれども、翌日からヘタってしまった。いつもは2日で回復するのだが、今回はその倍の日数を要した。ソファに寝転がり、食っちゃ寝、食っちゃ寝。スマホで大谷情報をあさっていると、いつの間にか眠りに落ちる。夜になっても仕事をする気にならない。今日は大谷自身の声明があった。相変わらず誠実だと思う。それにしても一平さんはどこ行った? キチジローのたれ込みによると、釜山から船で対馬に渡り、今は五島列島の隠れキリシタンの村に潜伏しているが、近々、カトリックのつてでマカオに入り、茨林囲のバラックに住みながら、カジノで働く・・・遠藤周作の『沈黙』(1955)を読み始めたが、目の病で文庫本は読みにくく、スコセッシの映画『サイレンス』(2016)を視たほうが早いか、と思い始めてる。篠田正浩の『沈黙』(1970)は原作とかなり異なるらしいが、『サイレンス』は忠実だと聞いている。


表紙BhutanEhon2024_H1H4_FIX0305_OL_page-0001


5冊めのブータン絵本集

 昨年春から取り組んできたブータン絵本3作の翻訳本が刊行されました。奥付では3月末日刊行となっていますが、なんとしてでも卒業式(20日)に間に合わせ、引き出物の一つにしたかった。図書情報と目次は以下のとおり。

【図書情報】
書名: アシ・ツォメン みずうみのマーメイド
 ASALAB報告書 第42輯:104p. 科研基盤(C)課題番号18K04543 成果
編集: 浅川 滋男  装幀デザイン指導: QUTUCO
版型: A4版横書 フルカラー
発行者: 公立鳥取環境大学保存修復スタジオ
発行日: 2024年3月31日
印 刷: 西尾印刷所(仮事務所) 
 〒680-0864 鳥取市吉成2-315-1

【目 次】
1.アシ・ツォメン みずうみのマーメイド p.2
2.ギャルポ王とヤンチェン姫 p.40 
3.じんせい なんて そんなもの p.67 
 コラム:トウガラシとチーズ p.39,65-66
 民話解題 p.96

3本の民話、およびコラムの内容については、以下のサイトを参照してください。

1.ブータン民話絵本の解題
(1)アシ・ツォメン: 湖のマーメイド 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2772.html
(2)ギャルポ王とヤンチェン姫 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2774.html
(3)じんせい なんて そんなもの 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2773.html

2.クンサン・チョデン 『トウガラシとチーズ―ブータンの食と社会』の翻訳と考察《2022年度卒論概要》
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2659.html


続きを読む

ナマズ食の文化史的再評価と郷土料理としての復興(2)

0321鯰表彰02 0321鯰表彰01


表彰ー最後の春休み

 はやくも全税協から表彰されてしまいました。助成期間は4月1日から1年間なので、報告書の提出はたぶん来年の今頃になるでしょうが、このたびの表彰は助成金を採択できたことに対するもののようです。
 モデルは「最後の春休み」の院生です。これは昨日(21日)の撮影。最後の最後まで修論をやってました。詰めというのではなくて、ほんの少しの部分を放ったらかしにしていたのね。これまでなら甘やかして代行したけれども、最後の春休みだからこそ、きっちりしてもらいたいと思いました。
 わたしはといえば、この春休み、余っている年次休暇を全て使い、ブータン調査の成果等を院生の修士論文を基に成稿することを誓います、なんちゃって。

《関係サイト》
1,ナマズ食の文化史的再評価と郷土料理としての復興
(1)採択 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2787.html
(2)表彰 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2813.html
2.東鯷人cafe(第1回)満員御礼
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2787.html


 「最後の春休み」。これが作曲者ユーミンのバージョンです。歌唱力はハイファイセット(昨日アップ)、味わいはユーミンですね。1979年リリースのアルバム『OLIVE』所収。大学4年生=卒業の年だ。明日以降はカバーを探しますよ。

答辞と記念品交換

 答辞のテキストデータが届きましたので、ここに掲載します。


答辞

 寒さの厳しかった冬も終わり、桜の花が咲き始める季節となりました。本日は、私たち卒業生のためにこのような盛大な式を挙行していただき、誠にありがとうございます。江﨑学長をはじめ、教職員の皆様、ご臨席を賜りましたご来賓の皆様、保護者の皆様に、卒業生一同、心よりお礼申し上げます。
 4年前の春、これから始まる大学生活、新しい環境や出会いに心躍らせ、この公立鳥取環境大学に入学しました。しかし、待っていたのはコロナウイルスによる規制でした。入学式はなく、授業はオンライン、サークル活動は制限され、1年次の大学祭は中止。人と関わる機会がなく、ただ起きて、ご飯を食べて、家で授業を受ける。その流れを繰り返すだけの毎日を過ごしていました。
 2年次からは徐々に制限が解除されはじめ、大学へ行く日が増えました。活動できることに嬉しい気持ちのなか、ある日、楽器を背負った人の後をつけ、部室に飛び込み、勢いのまま吹奏楽部に入部しました。コロナの影響で活動ができず、規模が小さくなってしまった部活を再構築しようと決め、イベントの参加、学内自主演奏会等、少ないメンバーで率先して動いているうちに人が増え、たったの4人だった吹奏楽部は、20人ほどまで成長しました。部を一から作り上げるという経験、これは一人でできることではありません。縁があって集まったみんなの力がなければ成し遂げられませんでした。一緒に吹奏楽部を作り上げたことは絶対に忘れません。非常に濃い時間を過ごし、吹奏楽部での経験は私を大きく成長させました。
 また、授業、ゼミ、アルバイトなどで多くの友人に出会いました。何気ないことかもしれませんが、家に集まって勉強をしたこと、好きなバンドの話、一緒に歩いた帰り道もよく覚えています。みんなで行った卒業旅行、ゼミのフィールドワークで訪れた国内外の多くの場所、部の打ち上げ、個人的に開いてくれた誕生日会や送別会など。みんなとつながった縁が、ここの場では語りきれないほどの青春を形作ってくれました。
 もう少し、あと少し一緒に過ごせると思っていた分、今日この日に寂しさや辛さを感じている人もいるでしょう。それでも人生は次のステージへと進んでいき、そこにはたくさんの人との出会いが待っています。「我、人と逢うなり」と書く”我逢人”。人と逢うことからすべては始まる。人との出会いの尊さを表す禅語です。たとえ些細な縁でも、人との出会いは何かを生み、自分自身を成長させてくれます。これから壁に直面して気持ちが沈んでしまうこともあるかもしれませんが一人じゃない、人と支え合いながら、毎日を一歩ずつ歩んでいける皆様のステージが、人との出会いで輝かしいものであるよう願っています。
 最後になりましたが、ご指導いただきました先生方、サポートしてくださった職員の皆様、多くの時間を共に過ごしてきた友人たちに改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。そして後輩の皆様のご活躍と、公立鳥取環境大学のより一層の発展を祈念し、答辞とさせて頂きます。

令和6年3月20日
卒業生代表 環境学部 環境学科
尾前 輝幸

--

記念品交換

 21日(木)11時半、本通りの「吾妻そば」集合と決めていたのだが、家を出る直前に一平さん問題を報じるTVニュースが目に入り、動けなくなった。これは相当ヤバイ話である。大谷選手自身はスポーツ賭博をやっていないだろうが、司法がどういう判断を下すか、予断を許さない。


0321ダウラ


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR