fc2ブログ

『建築考古学の実証と復元研究』書評(1)

 拙著『建築考古学の実証と復元研究』の書評がでました。六一書房のネット上書評リレーの第4回(2013年9月3日)に島根県の松本さんが執筆されたものです。紛らわしいので念押ししておくと、鳥取県教委の松本さん(建築史)ではなくて、島根県教委の松本さん(考古学)の書評です。松本さんらしい誠実な文章で、ありがたい限りです。ありがとうございました。

 同成社から出した『先史日本の住居とその周辺』(1998)、『埋もれた中近世の住まい』(2001)、『出雲大社の建築考古学』(2010)については、結構頑張って広報活動をしました。なにぶん高価な本だから、一定量の売り上げがないと出版社にご迷惑がかかる。だから、いろんな専門誌に書評を書いてもらったり、新聞夕刊の文化欄で取り上げてもらったりしたんです。今回の本については、科研の出版助成を得ているわけだし、そういう宣伝めいたことを一切控えようと心に決めています。あんまり売れる本ではないでしょうが、密かなブームというか、隠れたマニアの愛読書というか、そういう立ち位置の本になれば嬉しい。
 書評は以下のサイトに掲載されています。

  http://www.book61.co.jp/book_review.php/61


 まことにもって厚かましい限りだが、以下に転載させていただきます。


縄文から近世のあらゆる建築構造物復元を手がけた著者による復元研究の全容を集大成

 だだっ広い野原にしか見えない遺跡の中に忽然と姿を現した大極殿。平城宮跡第1次大極殿の復元建物は、平城遷都1300年を記念して2010年に完成した。その大規模な木造建築は、訪れる人びとに往時を偲ばせ、感動を与える構造物として多くの興味をそそる。国(文化庁)の事業として整備されたものであり、復元案作成にあたっては奈良文化財研究所(以下、奈文研)を中心に、現存する古代建築や今日までの建築史研究の成果、明治以来百年を越える蓄積をもつ文化財建造物修理の知見、発掘調査によって明らかになった資料に再検討を加え、国の総力をあげて取り組まれたもので、現段階の研究成果の到達点を示す建築物と言ってもよい。
 しかし、本書の著者浅川滋男氏は「復元された大極殿上屋構造はどこまで確かなものであろうか。基礎情報が乏しいものを復元すべきではなかったのでは」という疑問を投げかける。著者は現在鳥取環境大学教授であるが、元は奈文研の職員であり大極殿復元検討チームの主要メンバーの一人でもあった。何故にそのような発言があったのか。


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR