fc2ブログ

ドラフ巡礼(Ⅳ)-ブータンの洞穴僧院を往く

0910drakarpha02.jpg 0910drakarpha01.jpg


ダカルパ-ゲムジャロ寺

 ダグツォガン寺を離れ、清流の河原で遅めのお弁当をいただいた。サンドイッチにアップルジュース、ポテト、ゆで卵、鶏の唐揚げ・・・なかなか美味しい。ここにも龍之介があらわれた。
 食後、車はティンプー方向に発車。まもなく大きなヘアピンカーヴの道ばたに農民たちが列をなし出店をだしているのがみえた。その市場は山側の畦際にあり、反対側の川に近い平地には版築壁の残骸が立体的な姿をとどめている。ここで停車し、山をみあげると、懐かしいダカルパ寺が視界に納まった。車は車道からそれて舗装されていないでこぼこ山道を少しあがって駐車場に車を停める。
 ここから寺まで歩くしかない。ただし、道はなかった。畑地のような山の斜面の土を踏みしめながら山寺をめざす。ブータンに来て初めての山登りであった。若者たちも辛いだろうが、老教授2名からみれば足取りは軽い。二人の歩みは遅かった。年齢と戦いながらの登山であり、わたしに至っては体重との戦いもある。もしも体重が20キロ少なかったら、おそらくこんなに辛い想いをしなくても済むのに。平城ニュータウンのスロージョギングで登り坂を駆け上がるとき、いつもそう思う。ましては登山をや・・・同行した先輩教授は細身の体にして空手道の達人であり、体力には自信をもっているはずだ。おまけに両腕にトレッキングステッキをもって歩行を支えている。しかし、どういうわけか、スピードはわたしが先輩を上回った。


0910drakarpha03.jpg


 山肌を歩くのは途中までで、寺に近づくと山道があらわれる。その道はおそらく麓の市場あたりにつながっているのだろう。そこから歩くよりたしかに山肌を登るほうが早いし、疲れないだろうと思った。境内の境界に木柵があり、その内側にチベット式のチョルテン(ストゥーパ)が建っている。境内の主要な施設はそこからほぼ横一列に並ぶのだが、敷地は絶壁に近い斜面であり、大半の建物が懸造になっている。これまでブータンでみた中では最強の懸造であり、それは日本の懸造を彷彿とさせるものであった。
 ここで重要なことを述べておく。ダカルパ(Drakharpa)というのは本寺の固有名称ではない。明日から登場するティンプー地区のゴンパ寺やチェリ寺を開山した赤帽子派(ドゥルク・カギュル派)の開祖、パジョ・ドルガム・シンポがパロ地区に開山した一連の瞑想場をダカルパと呼ぶ。標高約2500mの山肌にこういう山寺がたしかに点在している。それらはすべてダカルパと呼ばれる。ダグツォガンと同じく、14世紀の開山段階では瞑想場のみで、17世紀以降本堂等が建立された。日本語で表記する場合、ドラカルパとすべきかもしれない。ドラ(dra)はすでに何度も述べてきたように「崖」を意味する。実際にブータン人が話すのを耳にすると、訛っているのかこちらの聴力が劣化したのか分からないが、「ダカルパ」と聞こえる。


0910drakarpha04.jpg 0910drakarpha06縦


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR