fc2ブログ

埋蔵文化財専門職員研修「遺跡調査検討課程」

140628埋蔵文化研修1


 6月28日(土)、私とケント君で鳥取県埋蔵文化センター主催の平成26年度埋蔵文化財専門職員研修「遺跡調査検討課程」に参加してきました。会場はとりぎん文化会館です。当初は尾﨑家公開の支援に行く予定にしていたのですが、修士研究とも係わる松原田中遺跡の報告があると知り、教授が二人の派遣を決められたのです。昨日のブログを読み、湯梨浜の地域支援ではなく、研修の方で良かったと胸をなでおろしています。私は修士課程の院生ですが、人前で話すとコチコチにフリーズしてしまいます。カンペがないとスピーチできませんし、カンペの棒読みをすると「大学院生が何やっとんの」と叱られます。教授は、3年次以上は「フリートークに脱皮せよ」と宣言されていますが、正直、頭が痛い・・・ズキズキッ

  「遺跡調査検討課程」研修の次第は以下のとおりです。

  9:50~10:00 ご挨拶
 10:00~10:30 事例発表1「西坪中中畝遺跡の発掘調査」
 10:30~11:00 事例発表2「史跡青谷上寺地遺跡の発掘調査」
 11:00~11:30 事例発表3「青谷横木遺跡の発掘調査」
 11:30~12:00 事例発表4「史跡出雲国府跡の発掘調査」
 13:00~13:15 遺跡紹介「大高野官衙遺跡」
 13:15~14:25 特別講義「官衙遺跡を発掘する」 (山中 敏史)
 14:25~14:45 トークプレイス「八橋郡衙と斎尾廃寺」 (山中・大賀・中原)
 14:50~15:20 事例発表5「観音寺狼谷山遺跡の発掘調査」
 15:20~15:50 事例発表6「松原田中遺跡の発掘調査」
 15:50~16:00 閉会



続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR