fc2ブログ

近世木造建造物の科学的年代測定に関する基礎的研究(Ⅱ)

0709正善院01表門01調査前01 0709正善院01表門01調査前02遠景01


三徳山正善院古材年輪サンプルの採取

 7月9日(水)、三仏寺正善院を訪れ、古材の調査をしました。ご存じのとおり、2012年3月9日に正善院の庫裡は火災で全焼し、昨年から進められている復元設計に資するため、焼け残った古材の調査をおこないました。焼け残った正善院庫裡向拝(虹梁・蟇股・三斗組等)は表門背面に保管されていますが、その表門の部材とよく似ています。
 まず虹梁型頭貫を比較すると、庫裡の材は長さ3800mm×成390mmで×幅153mmで、表門背面の材は長さはほぼ同寸、成402mm×幅157mmで近似しています。まず年輪数を確認するため、庫裡虹梁の木口にマチ針を刺していきました。結果、総年輪数は67でした。放射姓炭素年代測定(ウイグルマッチング)の最低年輪数とされる50年輪はなんとかクリアしていますが、年輪年代測定には少し足りないようです。今回は、実習を兼ねて、3年生にサンプル採取を任せました。1~3、32~35、65~67年輪目のサンプルを採取し、アルミでくるんでジッパー付きのビニール袋に収めました。材種は不明ながら、結構硬かったため、サンプル採取に苦労したようです。


140709三仏寺正善院サンプル02 140709三仏寺正善院サンプル06


 このほか、直径270mmの庫裏の土間材(ミズメザクラ?)をノコギリで輪切りにしてマチ針を刺していきました。全37年輪でサンプルとしては良い状態とは言えませんが、AMS用に外皮から3年輪分採取しました。


0709正善院02庫裡05厨房炭化材02断面01 0709正善院02庫裡05厨房炭化材


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR