fc2ブログ

第13回「オリジナリtea -ハーブの茶法-」その2

0710ハーブ01大根巻01


ハーブオイルづくり

 7月10日(木)。昨日レポートされているように、なにか準備してきた学生は学内演習室に残って活動することになった。まずは各自が持ち寄った品々を試食した。ハーブを使った以下の食品を試食した。

  ① ハーブの大根巻き(↑)
  ② ハーブの塩麹漬け
  ③ カレープラントのはちみつ漬け
  ④ バジルペースト

 ①はセロリとハム、チーズが一緒に巻かれており、セロリが苦手でない人にとっては大丈夫な味だろうという結論に至った。②は生野菜にソースディップのようにしてつければよい。③は、はちみつの味が強すぎる。④は茄子の上にトッピングし、トマトバジルソースやチーズをトッピングを絡めて焼いたのだが、何かもう一つ足りない感じだった(松の実がなかったので市販のオカキにくっついているアーモンドで代用したみたい)。


0710ハーブ04バジル焼01 0710ハーブ03バジルペースト作り02奈良 ←④


 私たちはハーブオイルを作ることになった。ローズマリーをオリーブオイルにつけたハーブオイルなのだが、1種類では物足りないので、以下の2種類作ることになった。

1)ハーブはローズマリーのみのオイル 
 ローズマリー、鷹の爪、にんにく(1/4片)、塩コショウをオリーブオイルの瓶に注ぎ込んだ。

2)複数のハーブを使うオイル
 ローズマリーのほか、スイートバジル、イチゴミルク(セージの一種)、タイム、にんにく(1/4片)、鷹の爪、塩コショウをやはりオリーブオイルの瓶に注ぎ込んだ。ネット上のレシピでは、これにローリエ(月桂樹)を加えるが、私たちの菜園にローリエはないので断念した。 私は実際に下宿でローズマリーをオリーブオイルに一晩漬けて調理に使ったのだが、火を通すと香りが際立って良くなった。それで鶏肉を焼いたのだが、風味よく食べられた。ローズマリー漬けのオイル(①)がおいしいことは分かっているので、複数のハーブをブレンドした②がどんな香りをさせ、どんな風味になるのかが楽しみだ。24日の発表会(茶会)までもう時間がないので、時間を無駄にせずやるべきことをやっていきたいと思う。(経営学科1年I.K)


0710ハーブ06ハーブオイル


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR