fc2ブログ

落葉-板井原その後(1)

161124板井原① 1123ケント01おねえ内股


ストロー化現象

 11月23日(水)。勤労感謝の日に智頭町の県選定伝統的建造物群保存地区「板井原」を4年生以上で訪れました。研究室として最後に板井原を訪問したのは、2012年11月中旬のことです。そのときの記録の題目が「落葉」です。
 板井原は平家の落人集落伝説をもつ山里としてよく知られています。いわゆる秘境の一つですが、昭和42年に開通した板井原トンネルによって智頭町市街地への移動が容易となり、常住地を平地に移して板井原に通われる方が増加し過疎が一気に進行しました。私の脳裏には新幹線開業により大都市への移住が進行し、沿線地域の過疎化をもたらす「ストロー化現象」がよぎりました。


屋根の近代化

 板井原は昭和40年ころまで、養蚕と炭焼きと焼畑と藍染めを主な生業にして暮らしていました。いまはスギの林業が最も重要な産業のように思われます。民家は2階が高い高2階型ですが、これは2階で養蚕をするためです。低地でみられる2階建と比べて、あきらかに2階は高いです。ただし、もとは平屋の茅葺き民家であったとも言われています。養蚕が発展するにつれ、茅葺き民家では屋根裏で作業がしにくいため、茅葺き屋根を高2階に改造していきました。屋根材は木片葺きからトタン葺きに変化し、最近では県・町の補助により雪の落下防止のためのストッパー付の鉄板葺きに代わっています。4年ぶりに再訪され教授もこの変化には驚いておられました。


161124板井原②


炭焼きと水車小屋

 炭焼きはかつて当地域では最大の収入源であり、良質な炭を作っていたが、昭和30年に衰退してしまいました。しかし平成15年(2003年)に智頭町などの助成で窯を復活させたものの、本日見た限り、現在では使用されていないのかもしれません。窯の近くに建てられた水車小屋も、水車に水を引き込む樋がこわれておりこちらも使用されていません。使われていない2つの建物を見て虚しさを感じずにはいられませんでした。


161124板井原③ 161124板井原④
↑(左)集落唯一の茅葺き民家「藤原家住宅」 (右)股木を利用した腕木 ↓水車小屋と炭焼き窯
161124板井原⑥ 161124板井原⑤


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR