fc2ブログ

男はつらいよ-寅さんの風景(7)

寅次郎の告白44表紙 アマゾン


寅次郎の告白

 最初にみた第6作「男はつらいよ純情篇」(若尾文子 1971)と第12作「私の寅さん」(岸惠子 1973)は寅さんが手の届かぬマドンナに恋してあえなく振られる初期の定型バージョン、3回目にみた第32作「口笛を吹く寅次郎」(竹下景子 1983)は寅さんがマドンナと相思相愛なのに自ら身をひいていく逆定型バージョン、4・5回の第17作「寅次郎夕焼け小焼け」(太地喜和子 1976)と第26作「寅次郎かもめ歌」(伊藤蘭 1980)は前期後半~中期の傑作、という流れで作品を紹介してきた。視聴の最終回はそうした流れからやや逸脱して晩期の第44作「寅次郎の告白」(後藤久美子・吉田日出子 1991)を選んだ。鳥取を舞台とした作品だからである。
 第41作「寅次郎 心の旅路」(竹下景子[3回目] 1989)を最後にお盆公開がなくなる。第42作「ぼくの伯父さん」(後藤久美子・檀ふみ1989)以降は年に1回の年末公開のみとなり、事実上の主役はおいの満男(吉岡秀隆)が務め、寅さんは準主役級の立場で満男を見守る役割を果たす。時代の流れもあったのだろう。「男はつらいよ」は90年代を迎える前から、すでに「古くさい映画」という烙印を若者から押されつつあり、その処方箋として、吉岡・後藤のロマンスを取り入れざるをえなかったのであろう。そしてまた、寅さん演じる渥美清の体調に大きな変化があったことも変化の重要な要因であった。
 鳥取を舞台とする第44作が上映された1991年は渥美清に肝臓癌が発見された年でもある。画面の寅さんから生気は薄れている。あの喧嘩っぱやい寅さん全盛期の姿はない。年とったタコ社長と癌をわずらう寅さんの喧嘩に往年の迫力はなくなっているのだ。寅さんがかなり寡黙で分別のある人柄になっているところは、仕方ないとはいえ、残念でならない。代わって満男が無鉄砲な「第2の寅さん」を演じるわけだが、渥美清との実力差は歴然としており、本来の客層が物足らなく感じる所以であろう。「寅次郎の告白」は鳥取を舞台としているから本学の教材とする価値がおおいにあり、今後のプロジェクト研究の鍵をにぎるわけだが、作品の質を上記5作品とくらべると突出した位置づけにはならないように思われる。教室のスクリーンで再会した第44作を視聴した結果、そう思わざるをえなかった。
 <ストーリー> 満男の恋人・泉は母の愛人の存在を許せず悩んでおり、思いつめて家出する。鳥取砂丘の絵葉書が満男のもとに届いた。ただならぬ内容に満男は家を飛び出し鳥取に向かう。一方、山陰を旅していた寅さんは当てもなくさまよう泉と倉吉で偶然出合う。すがりついて泣く泉。寅さんと同じ宿に泊まり、悩みを打ち明ける。翌日、砂丘で若い二人は再会した。その夜、寅さんは鮎の里、河原の料亭で昔馴染みの女と再会。深夜、女将に迫られている寅さんを2階から満男が覗き込み・・・
 ■ロケ地  鳥取県倉吉市・砂丘・八頭郡河原町、岐阜県蛭川村

 6月1日(木)は第44作を4年生にも視てもらいました。今後4年生のサポートは不可欠であり、この日もみひろさんにスニッピング・ツールの使い方をスピーチしてもらいました。来週からのフィールドワークが1・2年生だけでなく、4年の卒論にも良い成果をもたらすことを祈っています。





 

続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR