fc2ブログ

2017年度 公立鳥取環境大学学内特別研究費に新規採択!

中国青海省・西蔵自治区におけるチベット仏教僧院の予備的調査研究

 先月23日、表記研究申請について採択通知がありました。満額回答でして感謝しております。以下、研究申請の概要です。

【研究課題名】
  中国青海省・西蔵自治区におけるチベット仏教僧院の予備的調査研究
【申請額】
  990,000円
【研究目的】
 ①背景  2013~15年度科学研究費基盤研究(C)「チベット系仏教及び上座部仏教の洞穴僧院に関する比較研究」(課題番号25420677)の最終年度に次回科研申請のため本学教育研究特別助成に「中国青海省におけるチベット仏教系僧院の予備的調査研究」を申請し採択された。採択後まもない2015年9月後半、省都西寧を訪問して青海省文物考古研究所の研究員と交流を図り、人的コネクションを確立した。その後、西寧に近い同仁、貴徳、夏河、青海湖などでチベット仏教ゲルク派(ダライラマの所属する最大宗派)の主要僧院と遊牧民放牧宿営地などを視察した。中国では、密教の瞑想洞穴を「修行洞」と呼ぶ。青海省は高地寒冷のなだらかな丘陵地域であり、ブータンのような「崖」は多くないが、ラフラン寺(夏河)やタール寺(湟中)などのゲルク派大寺の背後の山に修行洞が集中して設けられている。また、唐代にまで遡る西寧周辺の北山寺、白馬寺等にも崖面に修行洞の遺跡が露出している。こうした視察成果は、研究室ブログに「遊牧の彼岸」として連載したが、その改訂版を今年度の本学紀要に投稿する予定である。
 今年度は、チベット仏教ニンマ派(古派)とゲルク派の布教の道を辿ることで、アムド~チベット地域の重要僧院の実地情報を得るとともに、地元の研究機関との交流を図り、申請の準備を進めたい。


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR