fc2ブログ

男はつらいよ-寅さんの風景(12)

0624柴又01さくら05 0624柴又01さくら01sam


さくらの銅像

 6月24日(土)、三度目の葛飾柴又。とりあえず駅前に設置されたさくらの銅像をみた。思い起こせば、3月25日(土)、「男はつらいよ-ブータン山寺放浪記」講演の準備をしていた松山のホテルで、さくらの銅像落成セレモニーの報道に接した。以来、三ヶ月の時間が流れたわけだ。
 銅像のさくらはとてもやさしい顔をしてました。写真でみるより実物のほうがずっと良いので、ぜひみなさんも柴又に足を運んでください。 


0624柴又01さくら04とら 0624柴又01さくら03縦


 上野で蕎麦をたいらげており、腹はふくれてたし、澱粉カットの余生を送ろうと決めてはいるものの、もう何度掟やぶりをしたか分からないわけだから、わたしはさっさと高木屋の暖簾をくぐった。
 店内には若かりし寅さんと山田監督のパネルが壁にかけられている。他店にくらべれば、おとなしい展示だが、パネルの写真には訴求力があった。蓬団子はごらんのとおり(↓)、定番ながら美味しそうでしょう。ここだけの話にしてほしいんですが、正直な感想を述べますと、前々回のとらやの団子よりもランクは上です(とらやは団子が互いにくっついて離れず硬かった)。


0624柴又02高木や02だんご 0624柴又02高木や01sam

 
 参道を歩く。参道では必ず漬物と川魚の佃煮を買うことにしている。まず、通りに面している佃煮屋をひやかした。小鮒やモロコを味見した後、「いま荷物が多いから帰りに買うよ」と言って立ち去ろうとすると、年取ったほうのオヤジが、

  「みんなそう言って、帰ってこねぇんだよッ」

と啖呵を切った。いかにも短気な江戸っ子気質の物言いであり、その点ではきわめて「寅さん的」あるいは「テキヤ的」である。「おもてなし」を優先していないところがいい、とまでは言えないが、それなりの風情ではあるかもしれない。 


0624柴又02高木や03外観 



続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR