fc2ブログ

増上寺(二)

増上寺徳川墓所絵葉書01秀忠01 台徳院殿廟奥院宝塔(戦前)


徳川将軍家霊廟-増上寺御霊屋

 芝の増上寺は浄土宗七大本山のひとつで、二代将軍秀忠をはじめとして六人の将軍、秀忠の正室お江や皇女和宮など正室5名、三代家光の側室桂昌院など側室5名等が埋葬されている。御霊(みたま)を祀るために造営された墓所・本殿・拝殿を中心とした霊屋(おたまや)は戦前に国宝として文化財指定されていたが、昭和20年3月と5月の空襲で南廟・北廟以下ほとんどが焼失し、わずかに残った建物も国宝の指定を解除された。 
 なかでも秀忠(1579-1632)の台徳院殿廟奥院宝塔は、上の写真にみるように、豪壮華麗を極めたものであり、仮に現存していたならば、日光に比肩しうる桃山様式の傑作と称賛されたであろう。円筒形の塔身を伏鉢状に丸めた上に宝形(方形)の反り屋根をのせ、尾垂木を3段重ねる賑やかな禅宗様詰組に圧倒される。家康・家光を埋葬した日光から離れて、秀忠がひとり増上寺に埋葬された理由をよく知らないが、これだけの宝塔は日本全国どこにもなく、つくづく戦火が惜しまれる。


増上寺徳川墓所02現状配置図 増上寺徳川墓所01戦前配置図


 このたび突然増上寺を参拝することにしたのは、四年男子1名が卒論のテーマとして大雲院御霊屋(ごりょうや)の本尊「宝塔厨子」の研究を進めるにつれ、その形式が全国的にみても珍しい宝塔形式である一方で、徳川将軍墓所の宝塔とよく似ていることが分かってきたからである。ただ、残念なことに、上野寛永寺と芝増上寺に分散する将軍家墓所は原則として非公開である。ところが、調べてみると、芝の増上寺は将軍墓所を今まさに公開中であり、ここで行かない手はないと判断した次第である。


1109おたまや00全景01 1109おたまや00看板sam

1109おたまや00全景03 1109おたまや00全景04タワー02sam


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR