fc2ブログ

サテンドール(ⅩⅩⅩI)

0315swingcafe07logo.jpg 0315swingcafe08sam.jpg


能海寛生誕150周年記念特別展

 3月14日(水)、大根島の中村元記念館で能海寛生誕150周年記念特別展「チベット仏教求法僧・能海寛と中村元博士」をみてきた。わたしが能海に関心を抱いているいちばんの理由は、最後の巡礼行程が西北雲南で終わっていることである。前にも書いたように、能海は大理から麗江へ移動し、そこで最後の手紙を投函した後、チベットに向かう途中で非業の死を遂げている。大理・麗江以北の地は1993~95年に調査した懐しいフィールドである。雲南といえば、東南アジアの水田稲作地域と連続するイメージがあるけれども、チベット・四川の高原地帯に連続する西北雲南では北方遊牧民の匂いがぷんぷん残っており、とくに母系社会で知られる永寧モソ人はチベット仏教の影響が著しく、住居内の炉の祭壇には火神ザバラを祀り、敷地に独立した仏堂を有する。たまたま調査中の民家に死者がでたため、住居内での殯(もがり)から荼毘に付す葬儀までのプロセスを詳細に調査した経験がある。ログハウス風の住居形式は東ブータン放牧民の住居ともよく似ており、ブータンとの比較という点では、高地草原の青海・西蔵以上に西北雲南が重要な位置を占めるように改めて考え始めている。
 なんとか大理・麗江・永寧経由で入蔵できないものか、とこの正月から昆明の友人と連絡をとっていて、かなり色よい返事は頂戴しているのだが、先立つものを確保すべく動き始めているところです。夕方、記念館で能海寛の研究をしているOさんとこの問題について話しあった。わたしたちの僧院本堂・民家仏間研究とOさんたちの能海研究がリンクしていけば最善と思っている。


0315swingcafe05.jpg 0315swingcafe06.jpg


スイングカフェ

 大根島に近い境港の側にジャズ喫茶があり、人気がじわじわとひろがってきていると山村カメラマンから教えられていた。新聞記事によると、ジャズ喫茶Swing Cafeの始まりは1990年まで遡る。その店も2015年にいったん閉店となったが、島根デザイン専門学校の元校長でグラフィックデザイナーの青木さんが3代目として店を引き継いだという。
 出雲のサテンドールとは真反対で、昼(10:00~夕方)の喫茶店であり、明るく健全なお店である。食事の提供はなく、メニューは飲み物とケーキ類だけ。わたしたちは真昼の訪問となったので、できればカレーぐらいは食べたかったな・・・(わたしなら裏メニューで厨房に隠しおきする)


0315swingcafe04.jpg


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR