fc2ブログ

雲のかなたへ-白い金色の浄土(10)

091605阿東新村政府01 0916阿東002看板01doc


心向北京

 飛来寺のホテルを出て二時間半あまり車に乗り、16日の午前10時45分、一行は升平鎮阿東村に着いた。海抜2580m。まずは表敬の礼を示すべく村政府をめざすが、あやかめさんが遅れ気味で心配になる。動物好きの彼女は、通りを練り歩く牛の群れの撮影に熱中していた。これもまた大事な観察の一つである。牛追いに追われて町並みを足早に走りすぎる牛たちは純粋なヤクではない。ヤクとカウの混血種と思われる。カウベルの音がやわらかで微笑ましい。


0916阿東100牛01 0916阿東100牛02sam


 村政府の役人さんたちはとても親切であった。3人の職員すべてがチベット族であり、恒例のポラロイド撮影儀式を経て意思の疎通をはかってからヒアリングを始める。マニタイのことを詳しく教えてくれたし、これから調査すべき民家を推薦してくれた。気になるのは戸口のマグサ上に貼りつけられた「心向北京」の大きな四文字である。赤くぬられている。その下中央の看板に注目すると、「中国共産党阿東村総支委員会」と書いてあり、その文字色はやはり赤い。「北京に心を向けよ」とは、「中国共産党の思想・政策に従え」と同義のメッセージであろう。もっと噛み砕いていうならば、「ラサではなく北京を向け」、つまりチベット仏教の法主たるダライ・ラマではなく、共産党中央に従え、ということである。金沙江以北の地に住む蔵伝仏教信者たちは、今なお(あるいは今だからこそ)赤い支配者たちへの反発を根強くもっている。そのことの裏返しとして「心向北京」の赤文字を読み取るべきではないか。


091606阿東村プゾナユン寺00 091606阿東村プゾナユン寺03


プソナユン寺 

 村政府の隣に陸屋根の民家があり、訪ねてみたいと希望すると、職員の一人が戸口まで連れていってくださった。しかし、鍵がかかっていて内部にだれもいないことが分かったので、方位を反転させ、高台の上にある寺院をめざした。そこはまさに片田舎の山寺であり、ラマや僧侶は一人もいなかったが、マニ車をもつ3人の老婦が寺を周回している。さっそくポラロイド作戦を展開。ご機嫌は上々になるばかりか、人物や寺の名前を画像におさめることができた。寺名はプソナユン寺という。


091606阿東村プゾナユン寺01 091606阿東村プゾナユン寺02


 プソナユン寺は崖に沿って建つチベット仏教の寺院だが、ブータンのように洞穴を伴っていない。二つの大きな仏堂風の建物の間にマニ車の覆屋を置く。老婦たちは、なんとか本堂を開けようとしてくれたが、鍵を保管する僧侶は消えうせており、内部の参観は叶わなかった。境内では、一人ひとりがマニ車をまわした(↑)。収穫は、境内からの眺望である。そこから集落の建物が隅々までみえる。瓦葺きの建物に混じっていくつか陸屋根の民家を俯瞰できたので、ここでまたポラロイドを使って撮影した。街まで下りて、ポラをみせれば、古民家のある場所まで連れていってもらえると期待したのである。


091606阿東村プゾナユン寺040916阿東101プソナヨ寺02骨02
↑マニ車をまわす  ↓境内からみた街中の民家
0916阿東101プソナヨ寺01民家01 0916阿東101プソナヨ寺02骨01



続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR