fc2ブログ

上方往来を描く-智頭宿(1)

1016智頭003


上方往来ファイナル

 今秋も人間環境実習・演習A(旧居住環境実習・演習Ⅰ)が始まっており、さてどの町並みを描くべきか悩んでいました。これまでの経験に照らすと、用瀬が演習には最適の集落だと認識しています。その場合、「二度目の用瀬」になるわけですが、それはそれで意味がないことではない。ただ、気になっていたのは智頭宿です。河原・用瀬宿に比べて町並みの保全度は高く、上方往来スケッチのファイナルに値する場所であるのは間違いありません。ただし、河原・用瀬宿ほど大学に近くない。
 10月1日(月)、さっそく大学から智頭宿まで行って来ました。目的は二つ。一つは所要時間の計測、いまひとつはスケッチ場所の選定です。結果、片道の所要時間は約35分であり、現場でのスケッチ時間を90分前後確保できることが分かりました。スケッチ場所もほぼ決めることができ、智頭の上町・下町を描こうと決断した所以です。


1016智頭002


 2日後の10月3日(水)、後期初ゼミの時間を利用して3年生・院生で正式な撮影に向かいました。その後、約1週間は院生・3年生が写真の整理と学生との対応図・エクセルを作成してくれました。
 そして、10月16日(火)、2年生30名のスケッチを迎えました。快晴です。智頭宿上町・下町をE区(東区)、W区(西区)、S区(南区)に分けて、中型・小型の建物は一人1棟、大型の邸宅は二人で1棟担当してもらいました。昨年と同じく、コンベックスや定規などは一切使わず、身体感覚で建物の正面を描き上げます。


1003智頭S01
↑↓良好な町並みを残すS区。10月3日撮影
1003智頭S02



続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR