fc2ブログ

片柴 梅の空き家

0305片柴00梅01 190305旧岩也家外観02 


七転八起-道はひとつだ!

 3月5日(土)。会長さんの紹介で、東伯郡三朝町片柴にある空き家になった古民家Y家を見学してきました。本来なら11時30分頃に下宿を出発し、13時までに現場い到着しなければならなかったのですが、私のミスによって30分遅刻してしまいました。この場を借りてお詫び申し上げます。三朝町の教育長を始め、ご参集いただきました皆様、本当に申し訳ありませんでした。
 今回は「下見」です。町の観光課の担当者が家人から聴き取りした情報によると、Y家は明治37年(1904)、すなわち115年前の建築だそうです。家主の方は現在東京在住で、2016年から空き家となっています。敷地には、大型の主屋が前庭に面して建ち、その背面に土蔵群が軒を連ねています。


0305片柴00しちてんばっき01 0305片柴00時計


 主屋の玄関を入ると、トオリニワ(土間)はすでになくなっており、壁や柱なども一部新しい材が目につきました。右奥の部屋には囲炉裏の煙を逃がす排煙口を発見し、その近くには大黒柱もありました。改造が激しいので、まだ当初の姿がイメージできませんが、広間型から展開した六間取りかと想像しています。今は中二階型の桟瓦葺ですが、当初が茅葺であったのは間違いないと思います。


190305旧岩也家内部01 190305旧岩也家内部02 排煙口跡
↑背面側のイロリ間 ↓前側の居間
0305片柴01居間01 0305片柴01居間02


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR