fc2ブログ

「寅さんの風景」2コマだけ復活(2)

1015河原宿03新茶屋01寅06子ども 1015河原宿001出会いsam


河原宿での出会い

 10月15日(火)、30名近い学生を引き連れて寅さんツアーにでかけてきました。その1週間前にはもちろんDVD「寅次郎の告白」を視てもらいましたが、14講義室での視聴時はシ~ンとしていて、これはやっぱり世代の差かなぁ~と観念したものですが、いざフィールドに出ると、学生たちは活きいきと躍動しました。
 昨年までの連続立面図作成は準備が大変なのでやめることとし、DVD鑑賞感想文の最後に現場でのスケッチ希望か、ヒアリング希望かのアンケートをとり、各自の希望に即して河原宿での実習では、スケッチ班を3班(新茶屋・背戸川・森下医院)、ヒアリングを4班(A~D区)編成して実働1時間の作業に取り組みました。


1015河原宿002背戸01寅02 1015河原宿002背戸01寅01
 

 スケッチ班の活動は予測可能でしたが、ヒアリングは初めての試みであり、私も学生もどうなることか、と案じてはおりました。しかし、学生たちは勇猛果敢に民家の戸口を叩いて家人に話を聞いたり、通りすがりの方に話しかけたりして、大いに盛り上がったのでありました。総じて河原宿の住人たち(高齢者)は「寅次郎の告白」(1991)のことをよく覚えていて、写真や冊子・タオルなどの記念品を気前よく提出してくださいました。なかには翌日も話を聞きにきてという嬉しい依頼もあり、わたしがアッシーになり、学生3名とそのお宅を再訪したところ、なんと丹波笹山在住の姉の同級生だったりして・・・わたしは大学に戻りましたが、学生たちは道の駅でオムライスをちゃっかりご馳走になったようです。D班の学生1名の感想文を抜粋して転載します。

  (略)最初に話しかけた方がとても良い方で、さらに当時役所で働いており、寅さんの担当を
  していたと聞いて、とても幸運だった。一日ではすべて聞くことができず、次の日もおばあちゃん
  のところへ行った。まったく苦ではなく、むしろおばあちゃんに会いたい気持ちが大きかった。
  本当にいい出会いをした。先生のご家族とも知り合いで、縁ってすごいと思った。パッチワーク
  が好きで、私達にもいくつか作品をくださった。大切にしたい。最後に道の駅でとてもおいしい
  オムライスと焼き芋をご馳走していただき、さらに大学まで車で送ってくださった。寅さんの映画
  に出てきた(倉吉の)駄菓子屋のおばあちゃんのように、鳥取は温かい人ばかりだと思った。
  初めて会った私たちにこんなに良くしてくれて感謝しかない。また、集合場所へ向かうとき小学生
  の帰りの時間と重なり、みんな「こんにちは」とあいさつしてくれた。温かくいい町だった。
  とても楽しい実習だった。ヒアリングを選択してよかった。必ずまたおばあちゃんに会いに行きたい。


1015河原宿04ヒアリング02 1015河原宿04ヒアリング01



続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR