fc2ブログ

『鳥取県の民家』を訪ねて(42)

1101 ㉘№072 山本家


静かな長田の村

 次は大山町長田で㉘No.072山本家住宅を調査しました。あまりにも人の気配がなく、村が静かであったため恐るおそる山本家の戸を叩くと、中から奥様が出てきてくださいました。山本家はこの村で最も古く、寛政年間(1789~1800)に庄屋の建物を移築したものらしく、茅葺寄棟造の広間型三間取に復原できます。今でも梁はそのままで、大きく改装した形跡は見られませんでした。奥様曰く、だいぶ前から山が枯れ茅を確保するのが難しくなり、日野町の方から「鉄板が良いよ」とのうわさを聞き、主屋の茅葺屋根を鉄板で覆ったそうです。いつごろ鉄板被覆にしたのかをうかがっていたはずなのですが、気づいたら、ひと月前に亡くなった柴犬るるちゃんの話になっており…奥様は涙を浮かべて「賢くて良い犬だった」と思いをはせていました。鉄板被服にした年は本当に覚えていないそうでした。


1101 ㉘№072 山本家報告書写真
↑報告書(1974)↓現状鉄板被服と鉄板被服内部(2019)
1101 ㉘№072 山本家 細部 1101 ㉘№072 山本家 鉄板の中


 奥様は現在一人でお住まいになられており、お子様も戻っては来ないかもしれない、とおっしゃっていました。長田の村は現在50件ほど民家があり、そのうち数件は空き家だそうです。お一人で住んで居られる奥様を心配して近所の人が見回りに来てくれていらっしゃるようで、安心しました。民家変容パターンはB類:未指定だが、茅葺き屋根を維持のB-2 茅葺き鉄板被覆に分類されます。


1101 ㉘№072 山本家 正面


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR