fc2ブログ

魏志倭人伝の新しい解釈-田中章介先生講演会(予報1)

チラシ見本4印刷用【圧縮web】compressed_01 チラシ見本4印刷用_compressed_01 右をクリック


税制から読み解く邪馬台国の国家観

 来たる12月14日(土)、田中章介先生(1935-)の講演会を開催します。先生は2001年度鳥取環境大学開学時から4年間、環境政策学科の重鎮として大学の運営に指導的役割を果たし、その後も客員教授として大学院生の指導にあたられました。このたびは先生がご専門とされる税制論の立場から、邪馬台国の時代の国家観を語っていただきます。みなさまのご来場をお待ち申し上げます。

  魏志倭人伝の新しい解釈
  -田中章介先生講演会-

日時: 2019年12月14日(土)13:00~
会場: 公立鳥取環境大学 100講義室(定員200名 先着順)
主催: 公立鳥取環境大学
後援: 鳥取県・中国税理士会鳥取県支部連合会・新日本海新聞社

次第:  13:00 開会挨拶(小林朋道)・趣旨説明(浅川滋男)
 13:15 田中章介先生講演(1)
      魏志倭人伝「収租賦有邸閣」の解釈
 14:00 コメント: 茶谷 満(鳥取県立博物館・中国考古学)
      中国考古学からみた邸閣のイメージ
 14:30 休憩
 14:50 田中章介先生講演(2)
      魏志倭人伝に係る、もう一つの解釈-邪馬台国位置論に関連して-
 15:40 コメント: 中原 斉(鳥取県文化財局長・考古学)
      倭人伝にみえる投馬(つま)国と山陰の関係遺跡
 16:10 質疑応答
 16:30 閉会

司 会:浅川滋男(建築史) 
副司会:眞田廣幸(考古学)・政田孝(税制論)
事務局・お問い合わせ先: 公立鳥取環境大学保存修復スタジオ
  *できるだけメールでお問い合わせください。連絡先はチラシを参照。


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR