fc2ブログ

中国道蕎麦競べ(15)

1226 床瀬そば外観 佐藤 1200床瀬02前菜04道路 


再訪-床瀬そば

 先週末、教授はまた新たに但馬~丹波で蕎麦食の旅に出かけられたのですが、その報告はどうやら冬休みにまわるようでして、まずは4年生を中心として本日(12月22日)おこなった蕎麦と町並みの旅についてレポートします。
 神辺高原(兵庫県豊岡市竹野町)の「床瀬そば」については、教授が9月下旬に訪問されています。今回は昼食のセットを求めての再訪となりました。道中、前週の大雪の爪痕が残っており、店舗間近のスキー場近くの道が通行禁止になっているなどのアクシデントがありました。予定より一時間半ばかり遅れて「床瀬そば」に辿り着きました(訪問店を変更するほうがよかったかもしれません)。


1200床瀬02前菜01 1200床瀬02前菜02やまめ


 床瀬そばの店舗は、写真の通り、昭和戦後の木造住宅をほぼそのまま継承したもので、大広間に囲炉裏が並んでいます。店内は、住宅時代の風情そのものであり、床の間と仏壇があり、床の間には壺や掛け軸などが飾られています。他にも、火鉢や屏風なども置いてありました。窓側からは外の風景も見え、ゆっくりとくつろげる田舎の良さを活かした空間になっています。囲炉裏の席では、冬休みになったばかりだからか、家族連れのお客が陣取って賑やかに食事をしていました。私たちは、天然木削り出しの大きなちゃぶ台で食事をしました。


1226 蕎麦 佐藤 1226 そばがき 佐藤



続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR