fc2ブログ

クンサン・チョデン 『トウガラシとチーズ―ブータンの食と社会』の翻訳と考察《2022年度卒論概要》

上田スライド1

上田スライド1-追加図1 上田スライド1-追加図2 スライド1+追加2枚(ブータンの風景と地域地図)


 こんにちは、上田です。2月8日(水)の卒業研究発表会の発表内容と概要を報告いたします。卒業論文執筆に際し、多くの方々のご支援をいただきました。お力添えいただいた全ての皆様に感謝申し上げます。〔2023年2月21日下書アップ〕


題目: クンサン・チョデン 『トウガラシとチーズ―ブータンの食と社会』の翻訳と考察
Translation and Consideration of Chili and Cheese:Food and Society in Bhutan by Kunsan Choden(2008)  [中間報告]


研究の目的と概要

 ブータンはチベットに隣接するヒマラヤ南麓の小王国で、面積は九州とほぼ同じである。現在、ブータンは首都ティンプーを中心に現代化が進んでいるが、一般的な農村部では伝統的な自給自足的生活をよく継承している。研究室では2012年から8年間ほぼ毎年ブータンを訪問してきた。崖寺と瞑想洞穴、非仏教系神霊の浄化と再生などを主題としていたが、2019年よりコロナ禍のため現地調査の中断を余儀なくされていた。昨年(2022)12月、3年ぶりの調査が再開されたが、旅費の高騰により、私は参加することができなかった。しかし、参加メンバーが多くのデータを集めてきてくれた。


上田スライド2
上田スライド2-追加図1 上田スライド2-追加図2 スライド2+追加2枚(交流会の様子とエマ・ダツィ)


ブータン料理の再現

 コロナ禍の2年間、視点を変えて「日本の中のブータン」を探そうと考えた。とくに注目したのは石川県の社会福祉法人「佛子園」である。そこでは、ブータン高地貧農支援のため、ブータン蕎麦を大量に輸入していたからである。輸入した蕎麦の実は、日本国内で機械製粉・製麺され、佛子園や青年海外協力協会JOCAの福祉系施設内の蕎麦屋(居酒屋)で提供され、好評を博している。蕎麦粉の生産や食堂の運営は、障碍者の雇用と深く結びついている。
 同時に、研究室ではここ3年間ブータン料理の再現に取り組んでいる。佛子園から大量のブータン蕎麦粉と乾麺(いずれも甘蕎)を買い取った関係上、蕎麦料理を中心に試作した。たとえば、蕎麦麺「プタ」、蕎麦皮餃子「ヒュンテ」などである。また、ブータンの代表的な副食「エマ・ダツィ」も再現した。エマはトウガラシ、ダツィはチーズのことであり、エマ・ダツィ、すなわち「トウガラシとチーズ」はこれから述べる翻訳書のタイトルそのものである。これらのブータン料理を過疎集落や寺院境内でのイベントで振舞った。
 以上の活動と並行して、私はクンサン・チョデン(Kunzan Choden)という女性作家の著書Chilli and Cheese -Food and Society in Bhutanの翻訳に3年次から取り組んできた。この英語本を、読みやすい日本語に翻訳し適切な訳注をつけることが本研究の重要な課題である。


上田スライド3 スライド3


著者 クンサン・チョデン

 本書の著者、クンサン・チョデンは1952年、中央ブータンのブンタン地区タン渓谷に封建領主の娘として生まれた。両親の多忙により、幼少期は孤独な時間を過ごすことが多かったようである。その時、民話の語り部の会に参加し、昔話に熱中した。彼女は初等教育から海外留学を経験するが、いつでも「自分とは何か」という問いかけを繰り返したという。そのとき必ず幼少期の民話の記憶がよみがえり、ブータン人としてのアイデンティティを強く意識する。帰国後、ブータン初の女性作家となり、民話や小説などの執筆活動に邁進する。彼女の活動拠点は首都ではなく、ブンタン山間部の故郷ウゲンチョリンである。


上田スライド4
上田スライド4-追加図1 上田スライド4-追加図2 スライド4+追加2枚(絵本の寄贈)


民話絵本の翻訳

 研究室は、これまでクンサン・チョデンが小学生向けに英語で著した民話絵本を5冊翻訳し、3冊の和訳本に分けて刊行している。 2015年の第4次ブータン調査では、実際に彼女と面会し、和訳本を贈呈した。昨年末の調査では、読書を通じて山間過疎地の活性化を図る「READブータン」のコミュニティ・ライブラリーに和訳絵本を寄贈し、またバンコクのスラム街を支援するシーカ財団のコミュニティ・ライブラリーにも同じ絵本を寄贈し、大変喜ばれた。


続きを読む

旧地主邸宅の分譲型再生-葵御紋の土蔵と亭閣を中心に《2022年度卒論概要》後編

上野-スライド10

上野 追加10-1 上野 追加10-2 上野 追加10-3 スライド10+追加3枚


T家の保全再生計画

 T家の保全再生計画について、いくつかの案を示す。すでに述べたように、屋敷全体を保全再生の対象とはしない。オモヤは除外し、屋敷背面側の付属施設のみを対象として考察する。付属施設の分譲については、管理者から前向きな発言を得ている。今回の計画を具体化するため、仮の施主を設定した。60代某教授ご夫妻である。施主の意向として、古い木造建築を愛好しているが、軽度の障害のある奥様のために、極力バリアフリーの工夫を希望されている。
 A案での保全対象は土蔵2棟に旧ハナレを加えた計3棟である。A1案は西蔵をアトリエ兼書庫とし、南蔵は居住棟、旧ハナレを亭閣として再生する。亭閣とは、中近世に流行した庭園内の休憩施設をさす。南蔵と西蔵の間の空き地はハーブ園とする。A2案は、バリアフリー完備の小さな木造居住棟を新築する案である。新規の居住棟は南蔵と西蔵の間の空き地に設ける。この場合、南蔵はカフェ兼ギャラリーとして再生する。
 こうした当初案を専門家と協議した結果、建築基準法などの法律上の規制から新築建築は公道に面する必要があるという指摘を受けた。そこでまず考えたのは、背戸川をはさんだ屋敷外の敷地に、駐車場と小ぶりの居住棟を新築するA’案である。こうすると、新築居住棟は公道に面する。さらにもう一つの案、B案も考えた。B案では、裏木戸とミソグラまで保全再生の対象とする。この場合、ミソグラを居住棟として再生する。既存建造物の改修であり、法律に抵触しない。


上野-スライド11 上野 追加11-1 スライド11+追加1枚


A1案  各建物の再生案について説明する。
 西蔵(A1案):  西蔵はアトリエ兼書庫とする。1階は作り付けの作業机と書棚を配し、部屋の中央にはソファもおいている。2階はできるだけ多く書棚を配し、小さな机と接客用のテーブルもおく。


上野-スライド12

上野 追加12-1 上野 追加12-2 スライド12+追加2枚


 南蔵・旧ハナレ(A1案): 南蔵のA1案は居住棟としての再生である。一階は夫婦の住まい、二階を書庫・作業場、多目的室とする。1階にはカウンターキッチンを設け、キッチン上部を吹き抜けとする。施主は薪ストーブの設置を強く要望されており、薪ストーブ周りを耐火煉瓦で囲う。旧ハナレは亭閣としての本来の機能を向上させる。1階の6畳は畳を外して板張りとし、中国式のテーブルとイスを置き、さらに、中国茶淹れの設備を設ける。中国茶を飲みながら庭を愛でる場所とする。2階は畳を残し、低めの和風テーブルや座椅子を置く。ここからは庭や町の風景を一望できる。


上野-スライド13

上野 追加13-1 上野 追加13-2 スライド13+追加2枚


A2案
 南蔵(A2案): 南蔵はカフェ兼ギャラリーである。一階にはカウンター・キッチンを設置する。このクラにも書庫としての機能を持たせる。キッチンは亭閣にも通じている。二階にはこのクラに残る多くの古タンスを配列し、物品を収納すると同時に、古箪笥のギャラリーとする。南蔵に残るタンスはデザインや形状が様々で日本古来の美学を良くあらわしている。


上野-スライド14  スライド14


 新築居住棟(A2案): A2案の新築居住棟は、30㎡程の木造平屋建築である。ワンルーム型で、段差のないバリアフリーとする。背戸川沿いの景観に配慮し、屋根は低くし、目立たないようにする。


続きを読む

旧地主邸宅の分譲型再生-葵御紋の土蔵と亭閣を中心に《2022年度卒論概要》前編

上野-スライド01

上野 追加1-1 上野 追加1-2 上野 追加1-3 上野 追加1-4 スライド1+追加4枚


 こんにちは、上野です。2月8日(水)の卒業研究発表会の発表内容と概要を報告させていただきます。卒業研究にご協力いただいたすべての皆様に厚くお礼申し上げます。 〔2023年2月20日下書アップ〕


卒論題目: 旧地主邸宅の分譲型再生-葵御紋の土蔵と亭閣を中心に
Subdivision-type Revitalization of a Former Landowner's mansion
:Focusing on Rest-pavilion and the storehouses with the Hollyhock crest 
[中間報告(2)]


はじめに

 2019年以来、研究室全体で1974年刊行の報告書『鳥取県の民家』に掲載された古民家の追跡調査を行い、民家の倒壊・撤去や文化財指定解除などが著しく進行して、悲観的な気持ちを抱くようになった。そんななか、鄙びた山間部に店を構える蕎麦屋が客を集めている事実に気づいた。山中の古民家を再生した蕎麦屋は、山水の風景に恵まれ、木造建築の風情と相まって、蕎麦という食材を五感で堪能できる場所として賑わっている。また、昨年から研究室で大注目しているのは、旧東ドイツ出身の建築家カール・ベンクス氏の活動である。今から二十数年前、新潟県の限界集落「竹所」に移住し、自邸「双鶴庵」をはじめ多くの古民家を再生して移住者を呼び込み、集落の人口を倍増させている。カールさんの古民家再生手法は、大変ユニークなものである。和風の木組みを守りつつ、内部には薪ストーブや東欧風の骨董、モダンなインテリアを配することで、現代的快適性を備えているのである。これらの活動に接し、悲観していた古民家も決して捨てたものではないという前向きな気持ちを取り戻すことができた。
 今年度になって研究室は、鳥取市河原町大字(おおあざ)河原の元地主住宅T家を調査している。


上野-スライド02

上野 追加2-1 上野 追加2-2 上野 追加2-3
 スライド2+追加3枚


上方往来の宿場町

 はじめにT家の立地する河原という集落の歴史を概観しておこう。
 河原は江戸時代の参勤交代路である上方往来に形成された街村型集落である。鳥取城下から姫路城下に至る街道の最初の休憩場所であり、古くは「御茶屋」と呼ばれていた。御茶屋は今の樋口神社の門前から増えていった。明治20年の『河原沿革史』によると、当時の戸数は92戸、人口は335人だった。スライド2右下の図は、この範囲を推定したものである。当時から4大地主がおり、造酒屋を営んでいた。T家は4大地主の一軒で、今でも酒蔵以外の建造物を残す例外だが、空き家になって久しく、買い主を募集している。スライド2追加1の図は大正から昭和戦前の状況を示しており、追加2の写真は現状の俯瞰である。


上野-スライド03

上野 追加3-1 上野 追加3-2 スライド3+追加2枚


昭和30年代の河原

 スライド3左のタイムスリップ地図は、今から約10年前に当時の小学6年生が夏休みに作成した課題である。昭和30年代の河原には、じつに85もの店舗があり、小規模の都市的様相を呈していたことが分かる。ところが、その一方で、当時の古写真をみると、茅葺きの住宅がところどころに残っていた。倉吉などの例(追加図1)と比較すれば分かる通り、遅くとも明治末までの都市住宅のほとんどが茅葺きであり、昭和戦後になっても、その名残があったということである。
 1987年の調査時点[浅川1987]では、質の高い町並みを依然として維持していたようである(追加2)。その4年後の平成4年(1991)には、映画『男はつらいよ』シリーズの第44作鳥取篇「寅次郎の告白」で、河原が主要なロケ地となる。とくに街道東側の新茶屋がメインのロケ地であった。今回主題となるT家は、新茶屋の対面に位置している。いまでは両家とも空き家である。


続きを読む

小店の出自からみたマカオの多民族性に関する基礎的考察-言語・建築・フードスケープ《2022年度修論概要》 後編

テイースライド9スライド9


現代におけるマカオ移民の歴史と都市建築

  ここで、マカオ移民の歴史をおさらいしておく。清代中期、マカオの人口は少なく、数千人から1万人あまりだった。そのころ、ポルトガル式の政治・宗教系の大型施設が建設される。1839年以降の清末には、太平天国の乱や辛亥革命などの動乱によって、広東人と客家の避難民が多数マカオに逃れてきた。1920年以降の中華民国時代には商業が発展し、囲屋、騎楼、中葡融合建築が多く建てられるようになる。1949年、新中国が誕生した。ここで、マカオの人口は激減したが、文化大革命終了後に再び移民が増える。1970年には25万人まで回復する。マカオ返還の1979年以降、中国の改革開放政策によって移民は激増し、現在68万人にまで人口がふくれあがっている。


テイースライド10 スライド10


出身地と建築類型

 次に、出身地と建築類型の相関性をみていく。マカオ生まれの経営者の店舗は、現代建築以外では、囲屋と中葡融合建築が多くなっている。いずれも、中華民国時代の住宅系建造物であり、今のマカオにとってみれば「老舗」と言えるかもしれない。現経営者の祖先が買い取った店だからである。たとえば、データベース番号22の衣料品店には、民国3年、1914年の不動産証書が残っていた。


テイースライド11スライド11


 東南アジア出身の小店経営者の店舗は現代建築にのみ対応している。彼らの移住時期は20世紀後半であり、すでに歴史的市街地にあった囲屋と中葡融合建築は先行する中国系の移住者に買い取られていたのである。東南アジアからの移住者は、広東語もポルトガル語も話せないので、ポルトガル人や広東人が集住する歴史的市街地の内側で生活することは難しく、同郷者の多い市街地外側のエリアで生活している。まずは屋台で郷土料理を売り、一定の蓄財ができた後に、近くの建物に引っ越し、レストランを経営していったのである。


テイースライド12テイースライド12追加1 スライド12+追加1枚(関帝廟と土地廟)


小店のフードスケープ

 次に、小店の食文化とフードスケープから、料理店の民族性の強弱を読み解いていく。まずは広東料理のフードスケープである。広東料理は広東系、客家系、潮州系(閩南系)に大別されるが、今回の調査対象に客家系は含まれなかった。すべての広東料理店には、関帝廟、土地廟、家廟が設けられている。関帝廟は商売の神様、土地廟は氏神様、家廟は仏壇のようなものである。いずれも、強い民族性を露わにしている。
 次に、ポルトガル料理店のフードスケープをみる。マカオのポルトガル料理は、インドや東南アジアなどの植民地の影響を受けた独特の料理である。店内装飾は高級なポルトガル風を強調し、歴史的建造物内で経営する店舗が多くある。食器も、とてもおしゃれである。このようなレストランの経営者は、ポルトガル人だけでなく、マカイエンサと呼ばれるマカオ人との混血者も含まれる。


続きを読む

小店の出自からみたマカオの多民族性に関する基礎的考察-言語・建築・フードスケープ《2022年度修論概要》 前編

テイースライド1 スライド1


 こんにちは。大学院修士課程2年のテイケイキンです。2月15日の修士研究発表会の発表内容と概要を報告させていただきます。この二年間、先生のご指導をいただき、誠にありがとうございます。(2023年2月19日下書アップ)

題目: 小店の出自からみたマカオの多民族性に関する基礎的考察-言語・建築・フードスケープ
     Basic Study on the Multi-ethnicity of Macau from the View of the Origins of Small Stores 
     - Languages, Architectures and Foodscapes [修論中間報告


研究の背景と目的

 私は中国広東省生まれだが、広東人ではない。私は客家(ハッカ)である。家族とは客家語で話すが、社会的な活動には広東語を用いている。客家語の話者と広東語の話者ではほとんどコミュニケーションができない。
 マカオ都市大学に通った四年間、マカオの人たちとは広東語で会話した。客家語を用いたことはない。ところで、マカオに住む人たちに「あなたはマカオ人ですか?」と質問すると、多くの人は「はい」と答える。しかし、それは彼らの身分証明書に記載されたデータにしたがった回答であって、マカオ人という集団が存在するのかどうかは微妙である。
 マカオや香港を含む広東・福建の言語と文化は多様であり、その担い手としてのエスニックグループ、すなわち民族集団は多岐にわたる。閩南人、閩北人、閩東人、客家、広東人などが代表的な民族集団である。ここにいう民族集団とは、何なのか。これを、いわゆる「民族」の概念と比較してみよう。民族、すなわち nation とは、主に国家単位で、固有な文化を共有する集団をさすのに対して、民族集団は民族内部の地方集団として位置づけられる。たとえば漢族の場合、上記の閩南、閩北、閩東、客家、広東など、相互にコミュニケーション不可能な言語を有し、文化の変差が大きなグループのことである。
 ではなぜ、こうした隣接諸民族は言語・文化に大きな差があるのかというと、それは、古代百越の民族史までさかのぼって考えなければならないので、今日は省略する。これから、お話しする内容は、マカオをフィールドとして、このようなエスニシティ(民族的同一性)と民族集団の問題を考察する。
 本研究を遂行するにあたり、コロナ禍は深刻な障壁であった。この2年間、中国政府の隔離措置はきびしく、マカオでの調査は昨年度(2021)は3日間、今年度(2022)は一週間にとどまった。そこで、昨年から、学部生と共同で進めてきたマカオ小店の問題を掘りさげてみようと考えた。


テイースライド2
テイースライド2追加1
テイースライド2追加2 スライド2+追加2枚(世界遺産の聖ポール天主堂跡、カジノ)


研究の方法と調査の経緯

 まず、マカオの歴史を振り返る。マカオは香港の少し北側にある半島+島嶼群である。13世紀にモンゴルが中国に侵入し、福建から避難民がマカオにたどり着いた。16世紀の大航海時代になると、ポルトガル人がマカオにやってきて、まもなく居住権を獲得し、1887年からマカオは正式にポルトガルの植民地となる。ポルトガル時代のマカオは、独特の中欧折衷文明社会が花開き、大陸から移民が押し寄せた。1999年、マカオは中国に返還された。
 2005年には、「マカオの歴史地区」が世界文化遺産に登録された。マカオと言えば、なにより、この世界遺産とカジノがイメージされるけれども、市街地の小店街は活力が漲り、マカオの庶民文化を語るに避けてとおれない存在になっている。昨年来、マカオ小店のデータベースを作成してきた。今年度は、そのデータベースを大幅に更新し、現地での追跡調査に取り組んだ。なぜ、小店かというと、2018年から、小店を紹介する著作が3冊連続して出版されたからである。これは新しい情報源である。そこで、この3冊を翻訳し、そのデータベースを作ろうと考えた。3冊で合計42件のデータを集め、昨年、インターネットで収集した18件のデータもこれに加え、データベースの合計は60件を数える。そして2011年11月、マカオ現地で60件の小店をすべて訪問し、データベースの内容をより深めていった。本研究は、主として、この成果に基づいている。


テイースライド3 スライド3


マカオ半島都市空間の拡大と変容

 19世紀中ごろ、第79代総督アマラルは、マカオ市街地の城壁を撤去し、都市域の拡張が始まった。それでも市街地面積は、1912年でわずか3.4平方キロメートルだった。それが今では、約3倍の9.3平方キロメートルまで増えている。こうした市街地の拡大と移民の増加は切りはなせない関係にあり、近代には海岸線の埋め立てが活発化する。今回調査した小店は、例外なく、1889年の埋め立て以前の土地に分布している。


テイースライド4テイースライド4追加1 スライド4+追加1枚(勝利レストラン)


続きを読む

ブログを中断していた理由

 みなさま、大変ご無沙汰しております。LABLOGの更新が半年ばかり途絶えてしまいました。
 じつはここ2年ばかり、心身の倦怠感を感じることが多く、ブログの執筆を始め、諸事やる気がおきない状況に自ら歯痒い想いをしておりました。昨年度末、2022年度卒業生・修了生は大変立派な卒論・修論を著し、見事な発表をしてくれました。わたしもこれを喜び、2月28日から2泊3日で沖縄の卒業旅行をするという異例の祝福をしております。しかしながら、当方の体調は依然快方には向かっておらず、卒業する学生諸君の論文概要がブログの下書きに投稿されているにも拘わらず、それをアップ(公開)する意欲が湧いてこないという自身の不調にもどかしさを感じていた次第です。
 そうこうしていると、GW明けの5月7日に、高校・大学時代の同級生T氏(東京在住)からメールが入りました。「ブログの更新が無いので心配している」というメッセージでした。わたしは、こう答えています。

   ご心配をおかけしております。ただの自堕落です。じつは糖尿病が一時悪化
   しており、仕事をする気がうせていたのと、大谷翔平選手の活躍でメジャー
   リーグをのんべんだらりと視聴する時間が長くなってしまっているなど
   どうしようもない理由によります。

 あぁそうかそうか、ということで一段落。その1週間後に事態が急変します。5月16日の夕方、授業と採点を終えて研究室を出ようとすると、右足に脚気のような反応があり、とくに階段を下りる際、露骨な違和感を感じました。帰宅して、そのままソファに横たわり、明け方まで眠りに落ちたのですが、起床して歯磨きしようとすると、右手が上にあがらない。明らかな異変であり、まずスマホで検索し、脳梗塞の初期症状の可能性が高いことを知り、ただちに病院に電話して状況を説明したところ、やはり脳梗塞の症状だということだったのですが、3軒の病院では受け入れるベッドがないなどで断られ、4軒めの県立中央病院でようやく入院を許可されました。病院への移動については、自分では車を運転できないので、大学院生のメッシ君に来てもらいました。今となれば、命の恩人です。病院搬送後、ただちに血管注射をずぶずぶ打ち込まれ、CTスキャンとMRI検査をおこなった結果、左脳の下側に梗塞が確認されました(あとで分かったのですが、じつはこれで二度目だということです)。
 以後、5月27日まで入院しておりました。軽度の症状ではありましたが、本当はもう少し入院しておいた方がよかったようです。とはいえ、週2コマの講義などに穴をあけ続けることもできないので早めに退院し、5月30日(火)より授業に復帰した次第です。
 軽度の脳梗塞であるのは間違いありません。頭と口は相変わらずです。ただし、右足の歩行に後遺症があって、歩くスピードが遅くなり、歩行後の疲労も大きくなりました。車の運転はできます。最初2ヵ月は通勤など短距離に限定しており、近畿方面に移動する際はメッシ君に運転を委ねましたが、7月後半から自分で長距離も運転するようになりました。

 こういう事情でますますブログから遠のきました。日常生活の方は、授業はスケジュールどおりこなし、補講もおこないました。以前からオファーのあった学外での講演もこなしています。夏休みには第10次ブータン調査も実施しました。そして、後期が始まりました。学期はじめはいつでも憂鬱ですが、本日、初回の講義を迎えます。

 これまで下書きに溜まっているブログのアップから始め、前期活動を要約的に少しずつ公開し、それを終えたら、後期の活動も報告しようと思います。昨年までのような速度での更新は不可能と思われますが、なんとかネット上の日常を取り戻したいと考えております。よろしくお願いします。

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR