fc2ブログ

卒論ポスター展から発表会をめざせ!

0207PS01会場01


復活したポスターセッション

 2月7日(水)、卒論ポスターセッションがおこなわれました。我ゼミからの出陳は2名のみ。

①寒冷過疎地の古民家再生と移住の諸課題
 -真実性と快適性の両立へむけて
Some Issues of restoration of Traditional Private Houses and Migration in cold depopulated areas
-Toward the Compatibility of Authenticity and Amenity -  OMAE Teruyuki 尾前輝幸


②大僧正行基の長岡院に関する継続的再検討
 -奈良市菅原遺跡の発掘調査報告書の刊行をうけて
Continuous Re-examination on the Annex called Nagaoka-in for the Memorial Service
of Archbishop Gyoki in the 8th Century-Upon the Publication of the Formal Report on
the Excavation of SUGAWARA Site, Nara City -    TAKEUCHI Ayana 武内あや菜



0207PS00終了後01 0207PS00終了後02 撤収後、演習室で


 指導人数が少ない分だけ、指導の中身は濃くなり、またそれを受け入れるだけの能力のある二人が残ったので、非常にレベルの高いパネルが仕上がりました。わたしは他研究室に所属する学生のアドバイザ(副査)コメントにまわっていましたが、院生滅私の報告によると、二人のポスターは人だかりであり、副査の先生とも長話になったそうです。この内容については、まもなく卒論生自身がブログにアップしますので、少々お待ちください。今夜は会場(本学学生センター)の風景をお伝えします。


0207PS02民家02教師01 0207PS02民家01学生01 ポスター①


 ①はわたしの上海講演「古民家再生の新機軸」をおおいに発展してくれました。重文、指定、登録、重伝建などが一目で分かるスタンプを考案してくれたのが良かった。今後も使えそうです。ところで、オーセンティシティを真実性と訳すのはよいとして、アメニティは快適性にふさわしいのか、少し不安になってきています。とくにエガちゃんねるに嵌ってからというもの、どうしても下振れしており・・・国民はどのように思うでしょうかね。


0207PS02菅原01学生02教師01 0207PS02菅原01学生02 ポスター②


 ②は本当に質の高いポスターになりました。菅原遺跡多宝塔案も成仏するでしょう。今年度の最優秀卒論、なんてものはないのだけれども、もしあったとすれば、この論文に違いない。滅私も負けるなよ!

発表会をまちなかキャンパスで開催します!

 これら秀逸な卒論(及び修論)をPSにとどめておくのはもったいないので、2月23日(もしくは24日)にまちなかキャンパスで発表会開催を構想しております。4名×30分で2時間。麒麟獅子、民家、菅原遺跡、ブータンの4名ですが、ひょっとしたら、わたしもナマズか何かで喋るかもしれません。

【イベント名】「東鯷人カフェ」第1回-復元・民家・民俗を語る
1.日時: 2月23日(金=祝)午後1時~3時半
       *飲み物・軽食付きカフェ形式の講演会です
2.会場: 本学まちなかキャンパス

0.ごあいさつ
1.麒麟の源流 序説(政田)25分
2.真実性と快適性からみた古民家再生の動向
  -鳥取と北陸の寒冷過疎地から(尾前卒論)20分
3.仏教に潜む非仏教/前仏教の諸相
  -ブータンの秘境から(東修論)25分
4,菅原遺跡「円堂」復元の批評
  -行基を供養する十六角形の建物(武内卒論)20分 
5.鳥取城の復元-中ノ御門表門と渡櫓門(岡垣)30分
6.おわりに-東鯷人と建築考古学


《連載情報》東鯷人cafe(第1回)のお知らせ
予報1 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2786.html   
予報2 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2788.html
予報3 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2794.html 
満員御礼 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2796.html


《2023年度卒論・修論概要》
1.寒冷過疎地の古民家再生と移住の諸課題 -真実性と快適性の両立へむけて(尾前輝幸卒論)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2791.html
2.大僧正行基の長岡院に関する継続的再検討 -奈良市菅原遺跡の発掘調査報告書の刊行をうけて(武内あや菜卒論)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2789.html
3.ブータンにおけるボン教/非仏教系の遺産-クブン寺とベンジ村を中心に(東将平修論)
前編 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2798.html
後編 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2799.html
プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR