fc2ブログ

ナマズ食の文化史的再評価と郷土料理としての復興(1)

全税共文化財団研究助成(食文化)に採択!

 先日内定通知が届いたことをお知らせしましたが、全国税理士共栄会(全税共)文化財団研究助成【食文化部門】への手続きも済みましたので、ここに正式に申請概要を報告します。

 1.申請団体(代表): 東鯷人ナマズ食の会(代表:浅川)
 2.対象活動の呼称:  ナマズ食の文化史的再評価と郷土料理としての復興
 3.助成期間(助成額): 2024年4月より1年間(50万円)
 4.税理士推薦者: 政田 孝
 5.活動計画: 倭(西日本)に関する最古の記録『漢書』地理志には「会稽(中国浙江省紹興)の海外に東鯷人(東のナマズ人)あり」とみえる。弥生期西日本の倭種を「ナマズ人」と呼ぶ記録である。さらに考古学的には、驚くべきことに、縄文~中世のナマズ遺存体(骨)は、フォッサマグナ以西の西日本でしか出土しておらず、「鯰」という文字を含む地名も西日本にしか存在しない。これほどナマズと西日本の関係は深く、動物考古学の専門家は古代の倭人がナマズを食べていたのは間違いないと指摘している。一方、ナマズは美食の素材としても見逃せない。とりわけ芥川賞作家の村上龍が『料理小説集』(1988)で取り上げたニューヨークのビルマ鯰とブラジル大ナマズの燻製には注目すべきであろう。前者は「海に落ちる雪のように舌の上で溶ける」食感があり、後者はさらに妙味で「これまでに食べたどんな燻製よりうまい」と絶賛している。こうしたナマズ食は日本でも細々と受け継がれてきたが、近年勢い数を減らしている。その原因は流通の困難さと泥吐きの手間などにあるようだ。地域振興としてナマズ食に取り組むのは埼玉県吉川市だけであり(養殖池あり)、ナマズの本場、琵琶湖の周辺でもナマズ料理を提供する料理店は著しく数を減らしている。


ナマズ標本P1170212 2024浅川先生 2024浅川ゼミ卒業写真sam
1月17日に撮影した卒アル写真をついでに掲載しておきます(右2枚)。


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR