fc2ブログ

寒冷過疎地の古民家再生と移住の諸課題 -真実性と快適性の両立へむけて《2023年度卒論概要》


卒論1枚目(尾前) スライド1


 こんにちは、尾前です。2月7日(水)ポスター研究発表会の発表内容と概要を報告させていただきます。 卒業研究にご協力いただいたすべての皆様に厚く御礼申し上げます。

題目:寒冷過疎地の古民家再生と移住の諸課題
    -真実性と快適性の両立へ向けて-
Issues of restoration of Traditional Private Houses and migration in cold depopulated areas
-Toward the Compatibility of Authenticity and Amenity -
 【中間報告


1.日本の過疎過密問題と古民家再生

 昭和戦後から近年に至るまで、気候条件の厳しい日本海側を離れ、太平洋側の都市部に仕事を求め、移住する傾向が強まっている。この結果、日本海側では、著しい過疎と高齢化が進行し、大きな社会問題になっている。一方、そうした過疎地の自然や文化を愛し、そこを自分の「居場所」だとして動こうとしない人も多くいる。本研究は、古民家の保全再生の変遷を、そうした人間の居場所や移住の問題と絡ませて論じるものである。とくに、古民家の文化財としての真実性(オーセンティシティ)と住まいとしての快適性(アメニティ)のバランスについて注目する。


卒論2枚目(尾前) スライド2


2.文化財指定された古民家の実態

 昭和40年代前後の高度経済成長期、活発な地域開発により国土の景観が乱れ始め、また大都市と地方の過密過疎問題が露呈してきた。こうした状況を危惧した文化庁は日本各地の町家・農家の状況を把握し、文化財としての指定と保存をめざして、全国緊急民家調査を実施する。この成果を受けて、突出した価値をもつ多くの民家が国や自治体の指定文化財となった。スライド2の左は国指定重要文化財(重文)の一例である。大学の近隣にある重文「福田家住宅」は囲炉裏やカマド、屋根構造等、江戸時代の姿をよく残しており、文化財としての真実性を高いレベルで保持している。しかし、重文であるがゆえに、現代生活に見合う内部改修が許されない。そのため福田家は、道路の対面に住宅を新築し、生活の快適性(アメニティ)を高め、そこで現代的な生活を送りながら、空き家となった重文民家を管理している。重文民家ではこういうケースが増えており、左下の石田家住宅も居住者がおらず、真実性の高い空き家を考古学的標本として公開している。
 右側は自治体指定の民家である。自治体指定の民家は、国からの補助に恵まれた重文とは違い、維持修理の補助金が少なく、自己負担金に耐えられなくなり、それでいてアメニティ向上のための内部改装も認められない。その結果、居住者が「指定解除」を求めるケースがやはり増えている。右上分布図の赤丸、青丸は鳥取県内で指定解除となった民家である。最も強調した分布図赤丸は指定解除となった日野郡内井谷の内藤家(県指定)である。もともと豪雪の影響で建物が傾いていたが、2000年の県西部大地震で半壊状態に陥り、指定解除となった。いま訪れても民家はなく、空き地になってしまっている。周囲の民家もすべて空き家で、集落は廃村化している。これが日本海側山間集落の現実である。


卒論3枚目(尾前) スライド3


3.町並み保全と登録有形文化財

 1975年の文化財保護法改正で、町並み保全の制度(重伝建)が制定され、町並み保全地区内の古民家は、外観さえ維持すれば、内部の改装は自由にできるようになった。その方式に従う場合、1棟につき上限一千万円の補助金が支給される。ただ、これは国の重伝建(左側)のみの補助であり、右側の自治体の町並み保存地区の場合は補助金は十分ではない。
 まず国選定重伝建の代表例として、奈良県橿原市の「今井町」を取り上げる。今井町は戦国時代の寺内町に端を発し、今でも江戸・明治の景観を非常によくとどめている。保存地区内には国の重文や県市の指定文化財の建造物を数多く含んでいる。日本有数の町並みを誇る集落であり、民家内部の活用・転用を抑えて、町全体に重要文化財の趣きがひろがっている。
 スライド3左下の美山は、京都府南丹市の重伝建であり、近畿を代表する「茅葺きの里」である。39棟のかやぶき民家が軒を連ねる。今井町と違い、民家を活用したカフェ、民宿、土産物店などに転用されているが、内部改装は大人しくまとめている。
 右上は奈良町(ならまち)である。重伝建ではなく、奈良市の都市景観形成地区として民家の再生・活用が活発だ。東大寺・興福寺・元興寺などの門前町として栄えてきたところで、観光客が非常に多いエリアである。右下は鳥取県智頭町の「板井原」である。県の伝建地区に選定されているが、この集落に常住するのは2世帯のみ。いわゆる限界集落である。母親の故郷にUターンした女性が古民家カフェを開いていて、結構人気がある。素朴ながら、カフェらしい内装に改修されている。こうした改修・再生は重要文化財ではできない。


卒論4枚目(尾前) スライド4


4.アメニティの向上とオーセンティシティの喪失

 重伝建地区において、民家の内部改装は自由であることから、アメニティ(快適性)の向上が期待された。しかし、過度の内部改装は、古民家の魅力を損なう原因となる。スライド4上は兵庫県の重伝建「篠山」の蕎麦屋である。城下町の町家らしい外観をよくとどめているが、内部は壁も天井も新建材をはりつめており、民家の真実性をまったく感じさせない。骨董のような和風木造の風貌と歴史性を失ってしまっている。このように内部の自由な改装は、文化財建造物のオーセンティシティに大きなダメージを与える場合がある。
 もちろんすべてがこのような状態に陥っているわけではなく、同じ丹波篠山市の重伝建「福住」にあるパン屋は、建物の内部でも、古い部材を非常によく残しており、カウンターやガラスケースのみ新しくして快適性を確保している(スライド4下)。築150年以上の古民家を、大阪から移住してきた若い夫婦が地元の大工さんと協働して内部改装したものである。


続きを読む

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR