fc2ブログ

菅原遺跡報告書批評のための習作(19)

検索キーワード

 書評論文執筆の便宜を図るため、習作連載等に検索キーワードをつけました。

1.菅原遺跡報告書批評のための習作
(1)元興寺法輪館「菅原遺跡」展・責任転嫁
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2684.html
(2)平城宮第一次大極殿
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2706.html
(3)平城宮第一次大極殿院東楼
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2707.html
(4)土塔①
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2713.html
(5)土塔②
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2714.html
(6)図書情報
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2737.html
(7)円形建物SB140
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2738.html
(8)第3章 囲繞施設と瓦 西大寺系
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2739.html
(9)第4章 出土瓦の検討 囲繞施設関連瓦類 軒平瓦6711B型式
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2740.html
(10)復元考察(箱崎)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2741.html
(11)第4章「周辺遺構の様相」「建物の配置」 
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2742.html
(12)復元モデルは桃山時代の宝塔
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2743.html
(13)多宝塔の初現形式
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2744.html
(14)堂庭廃寺とSB140に類似点なし 土塔
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2749.html
(15)建築にならない復元案
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2750.html
(16)SB140多宝塔案に根拠がない理由一覧
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2751.html
(17)海外類例の扱い 木造宝塔1981 西大寺八角塔
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2752.html
(18)1981年調査区の基壇建物跡と小型瓦の関係
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2783.html
(19)検索キーワード
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2795.html

2.《卒論》大僧正行基の長岡院に関する継続的再検討
《中間報告》 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2675.html
《論文概要》 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2789.html

3.行基と菅原遺跡に係る意見交換@松山(8月)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2686.html
4.寧楽徘徊(Ⅱ)
http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-2704.html
プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR