fc2ブログ

倉吉打吹山麓の歴史的風致に関する総合調査(ⅩⅩⅩⅢ)

河原町自治会公民館便りH28年1月号(第80号)

 年末、倉吉の河原町から自治会公民館便りのpdfが久しぶりに送られてきました。新年号ですが、12月20日(日)に開催された「冬の地蔵祭」がレポートされています。ASALABから笑上戸、くらのすけ、キム3号が参加させていただいたイベントです。
 問題はそこではありません。1月号の「年頭所感」を読んでみてください。
 本当はもっと倉吉に通いたいのですが、昨年は自主的に町場での活動を控えました。我々が活動を控えることで、事がうまく運ぶならそれで本望だと思ったからですが、予想どおり、そうならなかった。原因がどこにあるか、わたしにはよく分かっていますが、目出度い正月ですので黙秘しましょう。

 河原町・鍛治町に本当の春が訪れることを願って已みません。


公民館便り28年1月号_01half
↑画面をクリックすると拡大します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR