fc2ブログ

天の鳥-初級英語で読むブータンの絵本

2016年度プロジェクト研究1(1年)

 4月14日(木)、今年度前期のプロ研が始まりました。まず1年のテーマと概要からお知らせします。

<テーマ> 天の鳥-初級英語で読むブータンの絵本
<概要> これまで1・2年生とともにクンサン・チョデンというブータン女性作家の絵本(民話)を訳してきました。今回はペマ・ギャルツェンという男性の著した絵本“Heavenly Birds”を訳します。チャンドラ・S・スッバの描く水彩画に寄せてギャルツェンさんの英文がやさしく語りかけます。
 オグロヅル(black necked crane)を主役とするこの物語がどのような内容であるのか、わたしもまだよく知りません。オグロヅルという鳥がブータンの文化にどのように溶け込んでいるのか、いっしょに学びましょう。
 “Heavenly Birds”はブータンの小学生向けに英語で書かれた絵本です。このプロジェクト研究は、“Heavenly Birds”を日本の小学生向けの絵本として翻訳し、製本しようというものです。英語そのものはぜんぜん難しくありませんが、日本の小学生が読みやすい日本語訳を考えるのはそんなに簡単ではないかもしれません。しかし、文章作成力の向上にとても役立つ作業だと思います。ぜひとも挑戦してみてください。


160419 天の鳥 表紙[Web ver.]



『天の鳥』 The Heavenly Birds

 著者: Pema Gyaltshen
 挿図: Chandra S. Subba
 初版: 2014
 ISBN: 978-99936-885-0-1



 ★参加メンバーと輪読順・担当ページは以下のとおりです。

   №1(p.01~07)1168139 森下
   №2(p.08~13)1167096 中前 (サブリーダー)
   №3(p.14~19)1168089 藤堂
   №4(p.24~25)1168094 成崎 (リーダー)
   №5(p.26~31)1168052 小林 (書記)
   №6(p.32~37)1167105 野表
   №7(p.38~40)1168052 高田


0414集合写真01

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR