fc2ブログ

2016居住環境実習・演習(Ⅱ)期末報告会01

160730 水田発表目次 160731水田発表図① 図1・図2

 7月27日(水)午後におこなわれた3年次の居住環境実習・演習(Ⅱ)期末発表会の概要を3年生6名が一人ずつ報告します。今回は立川班と倉吉班で別々の発表となりました。 


1.立川~樗谿の町並み調査

 立川~樗谿には、昭和18年(1943)の鳥取地震と昭和27年(1952)の鳥取大火を免れた町家・社寺等歴史的建造物が数多く残っている。鳥取東照宮をはじめ、指定・登録済みの文化財建造物が拠点的に点在し、そのほか伝統的町家等歴史的建造物が各所に分布している。また、建物は改造されているが正面の植栽が豊かな宅地もあり、とくに町中の路地や山際の旧道沿いに緑が多い。上町の一部の街路からは鳥取城天守跡が視界に納まる。さらに、漫画家の谷口ジローが立川・樗谿の風景を描いている。


160730 水田発表図2 図3


 1-1 連続立面写真と連続立面図
 立川から樗谿の範囲を、A~Qの17ブロックに分け、ブロック内でそれぞれ通りを挟んで北をN、南をS、東をE、西をWと番付した。建物の番付を決めて撮影し、その写真を編集ソフト「インデザイン」を用いてパソコン上で貼り合わせる。現在、全17ブロックのうち16ブロックの連続立面写真が完成している。残りのブロックは夏休みの課題にする。
 あとで紹介するデータベースを基にして、景観が良いと思われるエリアの連続立面写真をピックアップした。図4は立川町1丁目の山沿いを通る旧道である。赤枠内に示したように、このブロックには屋根の低い中2階の長屋系住宅が多く分布している。また、植栽の豊かな宅地が多く、車の通りが少なく、人が歩きやすいヒューマン・スケールの空間が続く。
 図5の立川町2丁目・3丁目には、明治以前に建てられたと思われる中2階形式の建造物が軒を連ねている。表通りに面した町家だったが、今は営業していないため「しもたや」(後述)に分類される。とくに黄色い丸で囲った建物は、建物保全度および景観保全度が秀でており、歴史的な町並みの核になっている。


160730 水田発表図3
↑図4 ↓図5
160730 水田発表図4



160730 水田発表図6 図6


 上町は、鳥取東照宮のある樗谿公園や、市指定文化財「樗谿グランドアパート」がある。 樗谿グランドアパートは、仁風閣に次いで古い擬洋風建築として知られている。上図の赤枠の2棟は擬洋風建築の一部を残すものである。また、このブロックには、伝統的な町家や、建築家がデザインした最近の建物が点在しており、「山の手」地区の雰囲気を強く感じさせる。ただし、アルミパネルのビルAS012については歴史的景観に調和していないと評価した。


浅木のやりなおし(連続立面図) 図7


 質の良い町並みを残す上町で連続立面図を作成した。「樗谿グランドアパート」の左右に連続する13棟である。建物の番付に即して、3年以上のゼミ生が一人一棟を担当し、スケッチを貼り合わせて連続立面図とした。上図の赤枠が樗谿グランドアパートで、付属する建物は、大学院に在籍する中国留学生の荊(けい)さんがスケッチした。 すでに述べたように、樗谿公園に近接するAブロックは、「樗谿グランドアパート」に代表される擬洋風建築、伝統的町家、建築家がデザインした現代建築などが軒を連ねており、旧城下町エリアの中の「山の手」景観を伝える代表的な場所である。「山の手」とは「下町」に対する概念で、身分の高い人たちの住宅が建ち並ぶ居住区であり、それが町並み景観に反映している。またこのエリアは、鳥取東照宮や樗谿公園と近接しており、景観的にはとくに重要なエリアのひとつになっている。(水田)


160731水田発表分差し替え図8 図8

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR