fc2ブログ

科研の達成感

 科研が書けん状態をようやく脱しました。毎年のことではありますが、タフな仕事です。今回は京都のYさん、東京のKさん、そして我らがケントにずいぶん助けられました。
 しかし、最後の詰めの段階になってケントは挙動不審に陥った。演習室にパソコン2台おいたまま、姿を眩してしまったのです。なんど電話しても繋がらない。スタジオ、コピー室にもいない。車で眠っているのか、と探しに行くも、からっぽ。まだ作業は完全に終わったわけでもないのだけれど、ちょっとした中抜きに飲みに出ようとした週末のことです。広島がホームで一敗地に塗れた夜さ。新装開店なった綺愛羅から何度も招待があり、「二人なら」と思ってヤツを探すのですが、どこにもいない。「今宵は控えます」と電話口で答えたところ、

  「トイレじゃないですかね?」

との啓示あり。その直後、ドアを叩く音がした。

  「すいません、トイレにいました。」

 探し始めてから一時間近く経って、ようやくヤツは戻ってきたのです。理由を問えば、便器に腰掛けての長電話。つまり、用を足していたところに電話がかかってきた。そのまま受話器をとって一時間、だそうです。受話器をもっていたのは、聖なる右手か、不浄の左手か。ウォシュレットのついていない本学のトイレで、どうやってメド拭きしたのか、よくわからない。
 相手は年上の女御なんだって。ケント、おまえもか。ポールのこと、あんなに馬鹿にしていたのに。翌日から丸二日、ヤツは消えてしまった。おかげで、詰めの作業を一人でやり通しました。達成感はある。
 きっとケントも達成感があったのでしょう。昨日もゼミのあと、さっさと帰っていきました。




The angels are older・・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR