fc2ブログ

麝香猫糞珈琲豆

1106珈琲樹05 1106珈琲樹01縦sam


 クリスマスツリーじゃありませんよ。クリスマスに無縁な爺ですから・・・あっ、いや今年はそうでもないかもしれないな・・・でも、これはクリスマスツリーではない。珈琲ツリーです。ずいぶん大きくなりました。鉢植えの珈琲が2本あるのが分かるでしょうか?
 純喫茶ペパーミントから1本めの苗をいただいたのが3年前、2本揃ったのが2年前で、そのころの写真は こちら を参照。その後、今年になって急成長を遂げ「珈琲の蕾」「珈琲の花」のシリーズを連載したのはユーロ2016で睡眠不足に陥っていた6月のことです。
 3年目の方はとにかく大きくなった。すでにわたしの身長を超え、全高180㎝と言いたいところですが、鉢の高さを引くと150㎝か。それにしてもでかく、珈琲の実は間違いなく100粒以上ついている。本日、屋内に入れたんです。これから暖房ばんばん効かせて温室状態にするので、なんとか赤い実に熟してほしいな。


1106珈琲樹03豆実01


 そういえば、バリで遊んだ娘たちが珈琲豆をたくさん買い込んできた。おかげで、たぶん二十年ぶりぐらいにミルを買うことになったのです。豆のなかにコピ・ルアクが含まれていた。ご存じの方も多いでしょうが、ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことで、独特の匂いがする。そもそも、麝香(じゃこう)とはジャコウジカの腹部の香嚢を切り取ったもので、それ自体は耐え難いほどの異臭がするが、これを乾燥させて薄めるとえもいわれぬ香料に変わるらしい。ジャコウジカもジャコウネコもみたことはないが、ジャコウネコの糞に残った珈琲豆をミルで砕いて飲んだら、酸っぱい味がした。


1106珈琲樹05麝香

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR