fc2ブログ

第2回仏ほっとけ会のお知らせ(第1報)

 昨年に引き続き、仏ほっとけ会(ほとけほっとけぇ)を2月18日(土)午後、大雲院客間で開催することになりました。同日午前には本学の公開講座が図書館で開催されるようですが、ASALABのほうがはるかに面白い学術イベントにしてみせますのでご期待ください。今日のゼミでおおまかな枠組みを練り上げましたので、以下にご報告します。

 第2回仏ほっとけ会(摩尼寺・大雲院仏教講座)

1.日時:  2017年2月18日(土)13~16時
2.会場:  大雲院客間(定員30名)
3.次第:
   13:00 開会挨拶(田尻光照住職)
       趣旨説明-大雲院の建造物と仏教美術(浅川滋男)
   13:15 研究発表1(大石忠正)
          ブータンの崖寺と瞑想洞穴-第5次調査の報告-
    13:30  講演
       眞田廣幸「江戸時代の仏像」(仮題)
   14:15 珈琲ブレイク with ポスターセッション
          浅木「歴史的町並みの実像と表象-鳥取市立川・樗谿のケーススタディ-」
          石田「K.E.Larsen & N.Marstein(2000) Conservation of Historic Timber
           Structure-An ecological approach- の翻訳と批評
           ~木造建築の修復に係る日欧の比較考察~」
     *おにぎり屋さんの屋台に来てもらうことも検討中です。

   14:45 研究発表2(武田大二郎)
          大雲院の懸仏-麒麟獅子の起源と絡めつつ-
   15:00 研究発表3(木村鴻太)
          大雲院の密壇法具-葵御紋の編年-
   15:15 研究発表4(吉田健人)
          大雲院の建築遺産に関する総合的研究-樗谿から立川まで-
   15:45 総括コメント(佐々木孝文)

16:00 大雲院懸仏・密教法具の見学(田尻住職案内)
           ~随時解散

  *聴講希望の方は、事務局までご連絡ください。
【主催・事務局】 公立鳥取環境大学保存修復スタジオ(ASALAB)
     TEL: 0857-38-6775(FAXも)  090-1449-9213
     E-mail:hozonshufuk@kankyo-u.ac.jp   k147151s@env.kankyo-u.ac.jp
 〒689-1111 鳥取市若葉台北1-1-1

       
第2回仏ほっとけ会0201白板
    
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR