fc2ブログ

第2回仏ほっとけ会のお知らせ(第2報)

第2回仏ほっとけ会チラシ_01web 第2回仏ほっとけ会チラシ_01sam 第2回仏ほっとけ会チラシ_02


チラシ完成!

 三寒四温の候、体調管理が難しい季節ですが、ご健勝のことと拝察いたします。
 今年度、私どもは平成28年度公立鳥取環境大学学内特別研究費の助成による「大雲院とその末寺群の伽藍構成及び仏教美術に関する予備的研究(2)」に取り組んでまいりました。その成果を報告する研究会として「第2回仏ほっとけ会-摩尼寺・大雲院仏教講座-」を開催する運びとなりました。次第は下記およびチラシをご参照ください。会場は鳥取市立川の大雲院客間です。一般聴講者は先着30名様限定としておりますが、ぜひともご聴講いただきたくお願いいたします。参加ご希望の場合、下に添付した申込書に記入の上、事務局まで郵便・FAXをお送りいただくか、聴講希望の旨e-mailでお知らせください。よろしくお願い申し上げます。

 日 時: 2017年2月18日(土)13時00分~
 会 場: 大雲院客間(定員30名・無料)
        住所:鳥取市立川町4-24  Tel :0857-22-5608


【主催・事務局】 〒689-1111 鳥取市若葉台北1-1-1
 公立鳥取環境大学 環境学部 環境学科 保存修復スタジオ
 ℡&FAX 0857-38-6775  e-mail:hozonshufuk@kankyo-u.ac.jp

 
申込書(第2回仏ほっとけ会)_01 ←申込書


2017年 2月18日(土)13:00 開会
 開会挨拶 (田尻光照住職)  趣旨説明-大雲院の建造物と仏教美術(浅川 滋男)
 13:15 研究報告1 大石 忠正 「ブータンの崖寺と瞑想洞穴 -第5次調査の報告-」
 13:30  講演  眞田 廣幸(倉吉文化財協会会長) 「大雲院の仏像」

 14:15―14:45 珈琲ブレイク with ポスターセッション 
  浅木京平 「歴史的町並みの実像と表象-鳥取市立川・樗谿のケーススタディ-」
   石田香澄 「K.E.Larsen & N.Marstein(2000) Conservation of Historic Timber Structure
      -An ecological approach- の翻訳と批評~木造建築の修復に係る日欧の比較考察~」

 14:45 研究報告2 武田大二郎 「大雲院の懸仏-麒麟獅子の起源と絡めつつ-」
 15:00 研究報告3 木村鴻太 「大雲院の密壇法具-葵御紋の編年-」
 15:15 研究報告4 吉田健人 「大雲院の建築遺産に関する総合的研究-樗谿から立川まで-」
 15:45 総括コメント(佐々木孝文)
 16:00 大雲院懸仏・密教法具の見学(田尻住職案内)~随時解散
 
図1かけぼとけ
↑薬師如来(東照大権現)を祀る懸仏。下側両脇に狛犬・獅子を配する。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR