fc2ブログ

第2回仏ほっとけ会のお知らせ(第4報)

鳥取市HPに広報アップ!

 先週末まで順調に聴講申し込みが届いていましたが、この大雪でパタと途絶えておりました。
 そこに朗報。2月10日に「仏ほっとけ会-摩尼寺・大雲院仏教講座(第2回)」の広報は鳥取市HPにアップされたそうです。以下のサイトです。

   http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1454980183004/index.html

 学生たちは明後日の卒論・修論発表会の準備に没頭しております。わたしは差し入れの弁当を探し求め、先ほどスーパーとコンビニをまわってきましたが、お弁当とおにぎりは二店ともソールドアウト! 
 売り切れなのか、流通してないのか、よく分からないんだけど、銀シャリが店頭から消えておりました。仕方ないので、麺類を仕入れてきた。ただし、キム3号にだけは軽食としました。だって、まだポスターができてないんだもの。他の学生はすでに小生の校閲を1~2度うけた状況です。以下、スケリマ。

16日は卒論PS&修論発表会

  2016(平成28)年度環境学部卒業論文ポスターセッション

   1.日 時: 2月16日(木)09:00~11:55
   2.会 場: 学生センター2階(多目的ホール&ギャラリー等)
      
09:30~10:30 プレゼンタイム1(学籍番号奇数)
 浅木「歴史的町並みの実像と表象-鳥取市立川・樗谿のケーススタディ-」
 木村「密壇及び護摩壇の仏具とその配置に関する基礎的研究-乾隆山大雲院を中心に-」
 武田「大雲院の懸仏に関する比較研究-麒麟獅子の起源と絡めつつ-」
                      アドバイザ審査 121前田 065杉本 011五十嵐
      
10:30~11:30 プレゼンタイム2(学籍番号偶数)
 石田「K.E.Larsen & N.Marstein(2000) Conservation of Historic Timber Structure
   -An ecological approach-
の翻訳と批評~木造建築の修復に係る日欧の比較考察~」
 大石「ブータンの崖寺と瞑想洞穴-第4~5次調査の報告-」
                      アドバイザ審査 150 渡邉 092寺尾 038角川

  2016(平成28)年度環境情報学研究科修士学位論文発表会(3名) 
   1.日 時: 2月16日(木)14:15~16:05
   2.会 場: 14講義室
   3.発表時間:30分  ※質疑応答含む
   4.ASALAB発表者と演題
    15:20~15:50 吉田 健人
     「乾向山東隆寺大雲院の建築遺産に関する研究-仏堂・厨子の特質と指図の復元-」



18日は第2回「仏ほっとけ会」(ほとけほっとけえ)!

 会の内容については、下のチラシ・申込書をクリックしてご参照ください。


第2回仏ほっとけ会チラシ_01sam 第2回仏ほっとけ会チラシ_02
↑チラシ
申込書(第2回仏ほっとけ会)_01
↑申込書

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR