fc2ブログ

再び、珈琲の蕾と花

0508珈琲01蕾02up 0508珈琲02全景01


 GWといえば、かつて世界卓球どっぷりであったが、今では鉢植え三昧です。どこの家でも似たようなものでしょう。ただし、植苗の数は少なくなりました。体力の衰えが否めないからではありますが、じつはマッド・アマノ氏より頂戴した大量のチューリップ?球根が次期を遅らせながら芽生え始め、また同じくアマノ氏より寄贈されたブルーベリー4株も順調に成長したおかげで、大型プランターが足りなくなってしまったからでもあります。いまさら新しい鉢を買うのはしんどい。プランターを買えば肥沃土も必要になりますからね。節約、せつやく・・・


0508珈琲01蕾03up 0508珈琲02全景02sam縦


 プランター仕事の〆は珈琲樹の移設。半年過ごしたリビングを離れ、玄関前のポーチに居を変えました。その際、まず妹(3歳)のほうで蕾と花を確認。昨年はまだ少女レベルだった樹も高さ1mほどになり、ついに開花したのだ。さらに驚いたことに、つい先日赤い実を収穫したばかりの姉(4歳)の方にもやはり蕾と花がついている。
 嬉しいですね。今年も大事に育てて、一年後にはまた一家で正真正銘自家製珈琲を味わいたい。ただ、残念なのは、珈琲の挿し木はうまくいかないみたいだ。3株中2株はすでに枯れて、1株だけがなんとか緑色を一部に残している。でも、挿し木の実験はこれからも進めますよ。それと、どうやら百均やホームセンターに珈琲苗を売る店があるようなので、どこかでみつけたいものだね・・・いまアマゾンで検索したが、なかなか高価だ。送料を含めると1000円を超える。パスだな・・・


0508珈琲01蕾01 0508珈琲02全景03小さい方01


 母の日も近くなってきた。佐治の義母にはGW中にカーネーションをさしあげました。我が家は紫陽花にしたんだ(↓)。カーネーションは一年草だが、紫陽花は多年草なので、年々累積していくよね。垣根に飾れば色とりどりの梅雨を過ごせるもの。さて、仕事だ・・・


0508紫陽花01 0508紫陽花02sam

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR