fc2ブログ

今年も、晴耕雨読(四)

茶室


噂の寅くん

 5月23日(火)。本日は晴天なり。どういうわけか、寅くんと称する某私学の4年生が来学しています。昨日紹介ありましたが、水上居住に係わる卒業論文に取り組んでいるそうで、奈良から鳥取まで同行し、前夜は先生宅にシュラフで宿泊したとのことです。火曜日はいつも午後1時より先生の講義(2年対象)があるので、その間、ゼミ生が「廃材でつくる茶室」の案内しました。


畑


 茶室内部は畳の傷みもなく、まだまだ使っていけそうです。簡単に掃除をしておきました。菜園のほうは、ここ数日の厳しい日射にローズマリーが一株枯れてしまっていました。他の野菜は負けないように祈るばかりです。

 講義を終えてゼミ室に戻ってきた先生は「あ~しんどっ」。翌日のSGH指導の準備はとくに必要なわけでもないので、寅くんも混ぜて一同駅前をめざしました。大丸5階のカフェでくつろぎながら、今後の活動について緩いミーティングをしているところに、市役所の方が来られて、先生との打ち合わせになり、若い世代は雑談に移行。パディさんがいつもの調子で、「イケメンいませんか?」で切り出したのには驚きました。先生のほうは、どうやら摩尼山に係わる問題を抱えているようでした。 (だっしょ) 【続】


集合

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR