fc2ブログ

肉うどんうどんぬきで

0623ドラムカン03 0623ドラムカン07縦sam


 6月22日(木)、ANAの最終便に滑り込んで羽田へ。京急で浅草まで直行したところ、ホテルのある浅草橋は二つ手前の駅だった。折り返しの便で浅草橋まで引き返し、歩いてホテルにむかう。途中、黄色い看板に「ソース二度漬け禁止」と大書きした大阪風串カツの店を発見した。チェックイン後ダッシュでその店に向かうも、ドアを開けると「いま満席です」の返事。いったんうなだれたが、若い青年(バイト?)が「軒下のドラムカンでよければ?」とドアの外を指さすので、間髪入れず了解した。「なにぶん田舎者で、軒下ドラムカンのテーブルで飲んだことなどないから嬉しい」と答えると、その青年は「ぼくも田舎者です」と言う。青年は津山出身、わたしは奈良から出張ということにした。


0623ドラムカン05 0623ドラムカン01


 まずはお薦めの5品串カツと角ハイを注文。家で晩酌するブラックニッカのハイボールは濃いめなので、居酒屋の角ハイは、とても薄く感じる。それにしても、二度漬け厳禁の串カツを食べたのは何年ぶりだろう。大阪駅の有名な店は撤去されてしまったしね。でも、やはり、美味いな・・・しばらくして店長らしき人物があらわれ、「中の席があきました」と引っ越しをうながされたが、「いや、ここがいい。こんなところで飲んだことないから」と動く意志のないことを述べた。あとは山芋の梅酢漬けを注文して1杯めのジョッキが終わり、津山出身の青年からお代わりを打診されたが、丁重に断って「肉吸い」をいただくことにした。メニューのコピーを写しておく。

  二日酔いの芸人さんの
  「肉うどんうどんぬきで」という注文が
  歴史の始まり。
  肉吸い喰ったら売れっ子になる
  という伝説があります。

 これがまぁほんに美味いのなんの・・・うどんの代わりに絹ごし豆腐が入っていて、トッピングは刻みネギととろろ昆布。ダイエットに最適ですよね。澱粉をみごとに排除している。明日も必ず食べようと決心して、店をでた。


0623ドラムカン08肉吸02


0623ドラムカン04 0623ドラムカン06


 翌日は群馬まで日帰りの出張。炎天下の現場に半日いた。昼は蕎麦に限る。その席でドラムカン居酒屋の話題を提供すると、「いまは東京で飲むのがいちばん安いんです」とWC社長が教えてくれた。たしかに昨晩の代金は2,100円のみ。
 (以下、少々省略)夕方、入谷から浅草橋まで一時間近くかけて歩いた。これも良いダイエットだ。めざすはドラムカンである。この日はジムビームのハイボールにした。間違いなく角ハイより濃いし、美味い。串カツとともに「さいぼし」を頼んだ。メニューによれば、さいぼしとは「馬肉の薫製」であり、河内の特産品である。
 対応してくれた青年は前夜と違う。「津山出身の人いない」と聞くと、「あぁぁ、富山ですよ」と事実関係を修正された。富山の青年もまもなく現れ、昨夜に続き、写真を撮ってくれた。大きなピアスのイアリングをしてるので、「セックスアピールかい?」と問えば、「あな大好きっすから」と答えて、へへへと笑う。
 この日は大汗をかいたので、ハイボールをおかわりした。そして最後は約束の肉吸い。トッピングに温泉卵をつけた。至極の味である。そして、おおいに澱粉カットになる。
 あとはぐうすか眠るだけでありました。肉吸いに自らの運気上昇を祈りつつ・・・


0623ドラムカン08肉吸01
二晩目の肉吸い

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR