fc2ブログ

みちくさの駅

0714みちくさ04外01


そばカフェ

 14日(金)、母校を後にして、とりあえずダウラのアイスティーで一休憩。ここの主人も西高の卒業で、店自体、旧第2グラウンドの対面にある。GSHの件を報告すると、「3年のときなんぞ、受験勉強しかやらせてもらわんかったがなぁ・・・」という当方と同じ感想。現状がよい変化なのか、そうでないのか、二人とも把握しにくい。トンレサップのような興味深いプロジェクトに熱心に取り組んでいる学生がいることは誇らしいが、その学生が受験勉強そっちのけになってしまえば、自ら希望する大学に進学できないかもしれない。もっとも、上級の大学に行けば幸せな人生を送れるかと言えば、そうではないことぐらい身をもって知っているが・・
 お土産にしばしばジャムを買うのだが、糖質制限のため断念した。代わりに、極上のニルギリの葉を薦められた。この店が推薦する良質の茶葉は日本茶の味に近いといつも思う。果たして、そうであった。ミルク不要(絶対)。

 店をでて奈良へむかう。いつもは夜の高速で、速くて便利だが、タイムトンネルを抜けるような神経疲労を伴う。この日は敢えて、旧道を選択した。倉田から円通寺~稲常に抜ける旧国道53号は懐かしい道で、寅さんの匂いがする。そのまま、用瀬、智頭と抜けてしまいところだが、時間も惜しいので河原から高速に乗った。ところが、智頭を過ぎしてしばらくすると、車窓左側に大きな木造建築があらわれた。妻壁板に「そばカフェ みちくさの駅」の看板を貼り付けている。前にいちどだけ気づいたこともあるのだが、この日は快晴で建物が目立ってみえた。建物は福原の近くなのだが、慎重に駒帰まで進んで高速を下り、地道を引き返してたどりついた。


0714みちくさ01小屋梁01 0714みちくさ02縦


 戸倉峠を越えた南波賀にある「ひむろ蕎麦」をひとまわり大きくした木造建築である。てっきり、かの町長がてこ入れしてできた半公共施設かと思ってきいてみると、Uターン者を代表とする株式会社として出発したものだという(今は株式ではない)。小屋梁に古材を転用しているようにみえるが、よく観察すると、ひび割れの部分に白木が露出しており、新材の古色塗であることがわかる。


0714みちくさ03蕎麦01



0714みちくさ07 0714みちくさ06紅茶


自家製紅茶

 澱粉カットの身ではあるけれども、蕎麦には目がない。あっさり、ザルの大盛りを注文した。さわやかな美味しい蕎麦でした。さらに、このお店、全国の日本紅茶を集めて飲ませてくれる(↑右)。ただし・・・ダウラの直後なので国産紅茶は・・・しかししかし、なんと自家製紅茶まであ・・・・いや取り消し線が引いてある。「現在品切れ中」。赤紫蘇ジュースも気になった。紫蘇は果実ではなく、葉っぱなので、砂糖をいれて濃縮ジュースを手作りし、水や炭酸水で薄めて店内で提供されているが、当方訳ありなので、とグラス2杯分テイクアウトさせていただいた。現状を申し上げますと、果実ほどの効果は確認できていません。


0714みちくさ05

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR