fc2ブログ

青蔵鉄道-吐蕃の道(1)

  今年度の環境大学学内特別研究費として「中国青海省・西蔵自治区におけるチベット仏教僧院の予備的調査研究」が採択されたことはすでにお知らせしたとおりです。この研究課題の中核となる青海~チベットの調査が本日夕刻より始まります。じつは・・・ほんとに症状が進んでいて、昨日の出発だと勘違いしており、一日ずれていることに気づいたのは一昨夜のことでありました。
 ラサについては、1992年にいちど訪問したことがあるので、今回の処女体験はむしろ青蔵鉄道の旅です。鉄道といえば、去る3月のスロバキア~ハンガリーでも乗りましたが、大きなスーツケースの収納に苦しんだので、今回は中型のスーツケースを買い込んだのですが、予想以上に容積が少なく、荷物の詰め込みに難儀しました。結果、手持ちのバッグを2つにするしかなくなった。
 そういえば昨日、久しぶりに六角精二の「呑鉄」シリーズを視ました。夕張鉄道を主題とするもので、なんとも哀愁がある。わたしたちもまた地ビールを啜りながら車窓の高原風景を楽しみたい。ちゃんとおつまみも用意しました・・・なんて調子に乗ってると、高山病に冒されるでしょうね。なんたって、途中の峠は標高5,000メートルを超えるそうですし、頭がわれそうになるかもしれない。
 以下、行程のあらましを示します。

 8月24日(木) 関空20:25~成都00:40 四川航空3U8808(出国) 成都泊
 8月25日(金) 成都08:30~西寧10:20 四川航空3U8987
  西寧~青海湖~都蘭 吐谷渾(とよくこん)遺跡群の視察 都蘭泊
 8月26日(土) 都蘭~ゴルムド
  【青蔵鉄道】 ゴルムド~ 車中泊
 8月27日(日) 【青蔵鉄道】~ラサ着 ラサ泊
 8月28日(月) ラサでポタラ宮、ノルブリンカ、セラ寺、ジョカン寺、バルコル等視察 ラサ泊
 8月29日(火) ラサ~ツェタン ミンドゥリン寺、ヨンブ・ラカン、昌珠寺など   ツェタン泊
 8月30日(水) ツェタン~ラサ
  ラサ15:30~成都17:30  四川航空3U8698 成都泊
 8月31日(木) 四川省博物院
  成都13:45~関空18:55 四川航空3U8087(帰国)

 帰国後、9月中旬には第6次ブータン調査が控えています。健康第一ですね。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR