fc2ブログ

アポカリプス

哀悼 真鍋建男さん

 スウェーデンに敗れて六十年ぶりにワールドカップ出場を逃したイタリア国民がアポカリプス(世界の破滅)だと悲嘆にくれているという。ドイツの組織、ブラジルの芸術、オランダの自由な攻撃以上に、わたしはイタリアの守備を愛してきた。だから悲しい。だけど、ワールドカップ出場に値する選手の数が足りなかったのだろう。そしてまた、タレントの不足を補える、コンテのような監督ではなかったのだろう。ジパングと似ていますよね。いまの日本代表であるならば、敢えて、、、まぁそんなことはどうでもいい。些末なことです。わたしの場合、アポカリプスは影から突然現れた。11月10日(金)、卒業後まともに連絡などくれたことなどないヒノッキーからのメールを受信した。

  ご無沙汰しております。
  代表取締役 真鍋建男が病気療養中でございましたが
  11月10日午前5時59分、67歳をもって永眠いたしました
  ここに生前のご厚誼に感謝し謹んでご通知申し上げます
  
 その後、研究所のH君、文化庁のH君からも立て続けに報せがあった。そういえば、ヒノッキーのイニシャルもHだな・・・3H・・・2日後の夕刻、京都市北区の公益社でしめやかに通夜が執り行われた。ヒノッキーは受付でずっと泣いていた。すぐに研究所のメンバーなどから声をかけられた。多くの弔問客が焼香を待って隊列を組んでいる。
 ひょっとすると、江口一久さんのときのように、棺の蓋を開けて拝顔できるかもしれないと期待したのだが、叶わなかった。人が多すぎる。香炉の前で笑顔の真鍋さんの写真を遥拝し、ただ手をあわせた。
 本当にお世話になりました。人生の大恩人のひとりです。大学の先輩なのに、生意気ばかりで、ずいぶんご迷惑をおかけしました。何十年も空間文化開発機構をひっぱってこられたこと、ただ偉大というしかありません。ヒノッキーの涙がとまらない理由は身にしみて分かります。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 
 江口さんと田中淡さんが66歳、真鍋さんが67歳で旅立たれた。他人事ではない自分がいる。仕事はいい加減控えようと思う。真剣にそう思っている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR