fc2ブログ

パリンカの夢、もういちど(2)

00ドゥルセ・コラソン・ロサード 2014


イニエスタ・ドゥルセ・コラソン・ロサード 2014

 昼前に郵便局から電話があり、不在通知の届け物を12~14時にもって行くと告げられた。兄からのお歳暮返しらしい。その後まもなく門のチャイムが鳴る。寝間着のまま庭にでて驚いた。
 門の向こうに立っているのは郵便局員ではない。内蔵助が手にワインボトルをもっているのだ。お歳暮だというので、さらに驚き、まぁ中に入ってお茶でも飲んで、と何度も誘うのだが、「いいえ、いいえ」の一点張り。「イニエスタのお父さんが農場ワイナリーをやっていて、そこで作ったワインなんです」と口早に説明するや否や、駆け足で車道のほうに消えていった。イニエスタとは、もちろんFCセクストン、じゃなかったFCバルセロナでメッシと組んでいる中盤の世界的名手のことである。
 イニエスタはラ・マンチャに ボデガ・イニエスタ Bodega Iniesta というワイナリーを所有している。創立は2010年というから比較的新しくできたワイナリーだが、内蔵助の説明に従うと、おそらくイニエスタの父(及び祖先?)がその地で葡萄栽培をしていたのだろう。


04ドゥルセ・コラソン・ロサード 2014 03textドゥルセ・コラソン・ロサード 2014


01ドゥルセ・コラソン・ロサード 2014


 それから一時間ばかりして、今度は郵便局員が冷凍物のハムを届けてくれた。ワインにハムか、悪くないな~と夕食の構想をぼんやり練りあげたのだが、夕方になって冷蔵庫をまさぐると生協の冷凍食品が多々あり、それから片付けることにした。しかし、自分としては内蔵助から頂戴したイニエスタ・ドゥルセ・コラソン・ロサード 2014にあう皿物を揃えたつもりである。スペイン語は学んだことがないけれども、ドゥルセとは「甘い」、コラソンは「心」を意味するようで、後者についてはロゴの真っ赤なハートマークと対応しているのでしょうね。ロサードはいわゆるロゼのことであり、やや甘口なので「セミ・ドルセ」の注記あり。

 こういう美味しいワインを飲みながら、広岡農場に想いを馳せる。広岡の梨ワイン「梨美子(りこ)」はボデガ・イニエスタに決して劣っていない。甘口のドゥルセ・コラソン・ロサードが、シードルと同様、食前酒向きであるのに対して、酸味の強い辛口の梨美子(りこ)は肉や魚によくあう。鳥取、というよりも日本が生み出した果実醸造酒として突出した存在であり、昨夜の代表戦の続きとして説明するならば、それは「国内組」のレベルにとどまらず、「海外組」の域に達している。ガイナーレはまず広岡農場を見習うべきなんだ。


02hutaドゥルセ・コラソン・ロサード 2014 02hutahutaドゥルセ・コラソン・ロサード 2014

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR