fc2ブログ

登録記念物-摩尼山の歴史性と景観の回復(14)

立岩写真(県博)web


西国三十三観音霊場石仏覆屋

 鷲ヶ峰の地蔵堂と鐘楼のあいだには大谷文次郎が寄進した西国三十三観音霊場石仏33体のうちの第1群11体(第1~11札所)が置かれていた。11体の石仏群の下には基壇状の高まりが残っており、上下の写真を見比べてみても、現在の位置は明治期と変わっていないと考えられよう。最後に石仏11体の覆屋について復元的な考察を加えてみよう。


1212立岩01 2014摩尼寺02立岩01三十三観音02


 覆屋の構造は単純なようで結構複雑である。基本構造形式は平屋建切妻造桟瓦葺平入。棟に来待石をのせる。基壇は崩れかかっているので寸法が微妙だが、復元的には間口17尺(5,151mm)×奥行5尺(1,515mm)と推定する。基礎は土台建。古写真をみる限り、間口の柱間は3スパンあり、中央の柱間が両脇間に比べてやや長い。これについては、中央間=7尺(2,121mm)、両脇間=5尺(1,515)と仮定する。両側の妻壁は棟通りに対称に2本の柱を配して柱間を土壁とし、その安定を図るため土台を前後にのばし、筋交状のつっかい棒で柱を支えている。


三十三観音01立岩写真(県博)web01
↑明治古写真にみる石仏覆屋 ↓石仏群の配置(現状)
石仏配置図_01


 

 写真に映る人体との比較から、棟高6尺、軒高4.5尺と仮定すると、ラフではあるけれども、以下のような復元図を描けるであろう。
 

摩尼山鷲ヶ峰33石仏覆屋復元図web
↑摩尼山鷲ヶ峰 西国33観音石仏覆屋 復元図ラフ
棟は熨斗瓦ではなく、来待石とする。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR