fc2ブログ

青い瞳のダンケルド -カーリング批評(7)

祝銅メダル!

 どういうわけか、新大阪のホテルの脱臭喫煙ルームにいるのだけれど、鼻がむずむずしていけません。夕方チェックインすると、男子決勝をやっていて、序盤の3連敗から破竹の連勝で、準決勝ではカナダまで倒した米国が優勝候補のスウェーデンを決勝で下して優勝してしまった。8回5点のビッグエンドで勝敗が決しました。両国の選手とも漁村のおじさんっぽい男臭さをぷんぷん匂わせている。常呂漁港を思い出しました。
 半時間遅れで到着した仲間数名と居酒屋へ。7時半に女子カーリング三決が始まる。それでも9時まで飲みました。おかげで貴重な情報を得たんだ。みっなさ~ん、)(&%$$9さん&%お目+*度ですよ~~
 というわけで、シケモク臭の残る個室で3位決定戦の後半からライブ放送をみたんです。ロースコアの理想的な展開でしたね。昨夜のように、敵方に圧倒されているというムードではない。
 9エンドにスティールして逆転(4-3)。そして10エンドの最後、№1ストーンは赤(英国)であり、ミュアヘッドは2投めをスルーすれば同点においついた(4-4)。少なくとも敗戦だけは免れえたわけですが、延長が不利な先行になる。延長を避けるために2点を取りにいき、難しいダブルテイクアウトに挑戦して失敗(5-3)。結果、日本の黄玉がハウスの真ん中に押し出されて、試合は突然終わった。藤沢さんは、世界ジュニア選手権以降、何度かミュアヘッドと対戦して一度も勝っていなかったそうです(TV解説の市川さんによる)。このたびの予選リーグでも完敗でした。わたしも、正直なところ、ミュアヘッドが勝つだろうと見込んでいたのですが、日本は最後の最後に予測を覆してくれました。11戦6勝5敗。5回負けての銅メダル。5人が運を育んだ結果としか言いようがありません。
 嬉しいです。本当におめでとうございます。
 ミュアヘッドを乗り越えての銅メダルか・・・感無量です。



 


傷ついた女神

 一方、失投で敗れたミュアヘッドは英国のメディアで批判の的になっている。たとえば、以下は『エクスプレス』紙にデイヴィッド・マードック(プロレスラーじゃない、2度世界一になったカーラー)が以下のタイトルの記事を書いている。

  Winter Olympics 2018: The real reason Eve Muirhead and Team GB LOST curling bronze match
  冬季オリンピック2018: イヴ・ミュアヘッドの英代表が銅メダルマッチで敗れた真の理由

 上のサイトをクリックしていたければ全文が読めるが、マードックは以下のように解説している。

  「英代表チームはあまりにも残酷な終わり方をしてしまいました。(最後の1投は)イヴが
  100回投げれば90回決まるショットだと確信しています。」

 そんな上手いこと行かないよね。昼の番組では目黒さんも「難しいショットではない」と言っていたけれども、わたしは信じません。アイスの読みにくい平昌ホールのメダルマッチ最終エンドで、日本歴代のスキップ級が同じショットを強いられた場合、いったい何名がダブルテイクに成功したでしょうか。小野寺、林、目黒、本橋、藤沢・・・せいぜい40%じゃないかな?
 英国のコーチはミュアヘッドの判断を「110パーセント正しかった」と擁護しています。世間の批判からミュアヘッドを必死で守ろうとしているのでしょうね。わたしは・・・ドローの方が良かったと思っています。6時方向の赤(№4)にフリーズさせるドローショット。これも難しいショットですが、成功すれば2点、失敗しても1点で延長戦に持ち込めた。スコットランドの通たちも似たような見方をしているんじゃないかな。

 イヴに対する批判は三決前の準決勝(5-10でスウェーデンに敗北)の段階から激しいものになっていたみたいです。『メール・オンライン』スポーツ・ニュースの見出しは以下のとおり。

   Eve Muirhead makes crucial mistake as Great Britain lose Olympic women's curling semi-final against Sweden
   イヴ・ミュアヘッドは致命的なミスを犯し、英国は女子カーリング準決勝でスウェーデンに敗れた

 日本のメディアならベスト4を労うだろうけど、あちらは厳しいね。それだけミュアヘッドに対する期待が大きかったんだな。日本で言えば、WBCで野球の日本代表があっさり負けてしまったようなものなのかもしれません。

 ミュア、落ち込まないで。ステイ・ポジティブ! 



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR