fc2ブログ

シュガーは汐(うしお)時

 円通寺橋を過ぎたあたりで、右耳の奥がキュポンと鳴った。あれっと思い、鼻をつまんで口を閉じ、おもいっきり息を押し出したら、またキュポンと鳴る。右耳の閉塞感が緩んだ瞬間だと察知した。耳鼻科専門医の投薬と点耳薬が効いたのだろう。
 いったん下宿に戻り、すぐにジムへ向かう。熱いからだろうか、夜遅いからなのか、人は少ない。健康診断を2日後に控えているにもかかわらず、この二ヶ月まったく通うことができなかった。何回か、夕方になって今日こそと決めたことがあるのだが、帰宅して横になると眠りに落ち、閉店の時間を過ぎてしまうのが常になってしまった。
 週末に家内とも相談したのだが、「潮時ではないか」という思いが強くなっている。58歳で通い始めたころは、夜に運動しても、そこからまた一仕事する馬力があったものだが、還暦をすぎた今ではそういう気力が湧いてこない。現に、今夜も大学に行って最終講義資料のコピーをしようと目論んでいたのだが、あっさり断念した。明朝早くおきて行くことにする。
 運動してよいことは多々ある。腹が少しへっこんで、体重が落ち、植物人間と化していた心身がわずかながら動物に戻るわけで、男子たるもの、どこかにそういう自分を残してかないと、生きていて楽しくもなんともない。動物的な自分を取り戻すためにはジムに不定期でも通い続ける必要があるのだけれども、2ヶ月ものスパンがあいてしまうと、月謝のことが気になり始める。要するに、寄進しているようなものではないか。
 久しぶりに道場の敷居をまたぎ、コーチに「潮時だと思う」という気持ちを伝えたところ、あろうことか「淋しいからそんなこと言わないで。忙しいんなら休会にすればいい」と慰留された。会費の1/3を支払えば、休会状態で月一度のトレーニングはできるし、再登録する際の入会費も要らないから、という。しかし、自分には続けられる自信がなくなっている・・・
 コーチは少し不機嫌になって、普段よりも重いミッションを課した。3キロのダンベルを持たされて左右に体をひねる腹筋に腹の肉がつりそうになったし、ミットのスピードもずいぶん速かった。へとへとになって、コーナーに倒れこんでしまった。
 契約上、解約は1ヶ月前に連絡しなければならないので、8月にも在籍はする。しかし、8~9月は夏休みであり、今年もまたブータン調査があり、さらに雲南・チベット境の踏査もすでに決まった。ジムに通える日数は限られている。なにより体重を落とすには運動以上に食物管理のほうが有効だという感触も得ている。
 コーチは履き捨てるように「辞めさせない」と言った。くりかえし申し上げると、こんな私を慰留してくれる人は世界中にごく少数しかいない。ありがたいことだが、年に換算すると8万円ばかりの会費がネックになっているのも事実なのである。8万円あれば上海で3泊4日楽しめるな・・・そうすると、また太るか?
 散歩と自転車の運動に切り替えたい。あとはキャベツとそばの実を毎日食らうしか痩せる途はないだろう。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR