fc2ブログ

雲のかなたへ-白い金色の浄土(3)

0913雲南省博物館01 新しい省博物館 海抜1800m


新しい雲南省博物館
 
 9月13日(水) 昆明楓葉王府酒店の朝食会場で、今回の調査で運転手を務めていただく羅さん、孫さんと顔を合わせる。羅さんは、教授が若いころにおこなわれた西北雲南チベット・ビルマ語族少数民族調査の際にも運転手を務めた元雲南省社会科学院の職員だった方と聞く。
 午前9時、羅さんの車に教授と学生二人が、孫さんの車に何大勇さん(雲南民族大学教授)と私が乗り、ホテルを出発する。昆明市は雲南省の省都である。標高1900mほどの高地だが、年をとおして気候が穏やであり「四時如春」と讃えられる町のようだ。ただし、この日は少々蒸し暑く感じた。


雲南省博物館青銅器9月13日


 しばらく走り、雲南省博物館に到着する。2015年5月に市の中心部から移転新装された博物館という。なかなか堂々とした外観の建物である。入館料は無料。大きな階段を上り2階の常設展「遠古雲南」に入る。雲南省で出土した恐竜の化石やジオラマからはじまり、人類誕生から旧石器時代の資料が展示してある。次に「青銅文明」の展示室に進む。昆明市の西に位置する「滇池(てんち)」周辺の遺跡から出土した紀元前3世紀代を中心とする青銅器が並ぶ。その展示はなかなかの圧巻。展示室を後にして、エスカレーターで3階に上がる。3階は「南詔大理国」と8世紀から10世紀に雲南地方で勃興した王国の仏教美術品が並ぶ。ブータンとの関係をうかがわせる小金銅仏が多く展示されており、教授は盛んにシャッターを切っている。続く展示室は「雲南少数民族の風俗」などの展示だった。パネルやキャプションに書かれている説明は漢字を拾い読みする程度であり、十分に理解することはできないが、展示は工夫されており見ごたえがあった。なお、図録を入手しようとしたが、かなり高価な写真集しかなく断念した。手ごろな展示解説があればと惜しまれる。


雲南省博物館小金銅仏9月13日


 博物館を後にして車は杭瑞高速道を大理に向けて走る。教授が雲南地方で調査をおこなっていた1990年代に高速道路はなく、一般道を8時間をかけて大理まで移動したが、車窓にひろがる棚田や段畑の美しい風景に感動したといわれる。その風景を私達に見せたいが、高速道路では叶わないと残念がっておられた。高速道路を淡々と進む。楚雄のあたりの山沿いに小集落を見ると、方形で壁が黄色く塗られた民家が多い。何大勇さんいわく、少数民族の彜族(イ族)の集落という。



0913楚雄あたり01伝統
車窓からみた楚雄あたりの風景 ↑イ族(もしくは漢族)の伝統的集落 ↓新建農村住宅
0913楚雄あたり02新建


0913大理03三塔寺01 

南詔-大理の世界

 午後4時頃、大理市に到着。大理白族(ペー族)自治州の中心都市である。「大理石」の名称はこの町に由来するというが、採石場らしきものはどこにあるのだろう。町は淡水湖として中国で7番目に大きい洱海のほとりに位置し、古くから中国とインドを結ぶ交易路の要衝として発展した。市街地は大理古城とそれから14㎞ほど離れた下関というふたつの中心地からなっている。
 ホテルは大理古城近くの三味別院(↑右)。ペー族の伝統住宅様式をモデルにした鉄筋コンクリートのホテルである。ホテルにチェックインしてからただちに郊外に所在する崇聖寺三塔(↑左)に向かう。崇聖寺は唐の開元年間(8世紀前半)に建てられ、南詔国と大理国の時代には王室の菩提寺だったいう。清代には戦火と自然災害によってレンガ製の三塔を残して焼失した。三塔が並列すると聞いて、米子市の上淀廃寺跡が三塔並列していることを思い出す。何か思想的背景があるのかもしれないが、教授から中央の塔が9世紀代の密檐(みつえん)式、左右の塔が遅れて建設された12世紀代の擬似木塔式と聞き関心が薄れる。なお、崇聖寺は広大な敷地に再建され、周辺は公園として整備されており、以前の趣が失われていると教授から聞く。崇聖寺から大理古城に移動する。


0913大理01町並み01 大理古城南門9月13日 


 大理古城は、南詔国の時代(8世紀代)に造営された城(まち)で、後の大理国の都として引き継がれたという。1253年に元のフビライにより破壊されるが、明代1382年に再建され、現在に引き継がれている。古城は、一辺1.5㎞の城壁によって正方形に区画され、南北東西に城門が開く。南門から古城内に入る。街路沿いには土産物店や飲食店が軒を連ねる。夕方にもかかわらず、観光客でごった返している。外国人の姿も見られるがほとんど中国人の観光客のようだ。


0913大理01町並み02 0913大理01町並み03


 城内のフードコートで食事をし、しばらく城内を散策する。外観はペー族の伝統的な様式を残す建物が多いが、ほとんどが店舗に改造されている。また、城内に居住する人はいないのではないかと聞き、商業化が進む倉吉の伝建地区のことを考え込んでしまった。
 なお、長旅の疲れが溜まっていた教授と学生諸君は「マッサージ」受け、足取りも軽くホテルに帰り、写真整理などの調査資料の整理にいそしんでいた。ご苦労様です。 (会長)


0913大理02屋台01
↑屋台 ↓按摩に呻く病人
0913あんま


0914大理ホテル02 大理でのホテル9月13日
↑宿泊した三味別院 海抜1963m

【連載情報】
雲のかなたへ-白い金色の浄土(1)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(2)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(3)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(4)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(5)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(6)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(7)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(8)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(9)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(10)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(11)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(12)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(13)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(14)
二人の感想-ブータンから西北雲南の旧チベット領まで
雲のかなたへ-白い金色の浄土(15)
雲のかなたへ-白い金色の浄土(16)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR