fc2ブログ

紅葉の摩尼山トレック-「賽の河原」石積み塔づくり(7)

 チラシが完成して摩尼寺を訪れた際、住職代理から「西院(さい)の河原和讃」本をご提供いただきました。和讃とは、仏や菩薩などの偉業をたたえる賛歌です。この場合の「和」とは日本語を意味します。仏教では声明(しょうみょう)の曲種の一つとされますが、民俗学的には口訣あるいは歌訣の類と考えられるでしょう。文字を読めない人たちが、技能や神話を伝承するために覚えやすい歌にしたものであり、後にそれが文章化されたということです。11月10日のイベントと係わりが深いので、3年生にデータ化してもらいました。

  [凡例] ①繁体字については、現行の簡体字に改めて転載します。
 ②平仮名も現行の表記に改めています。③振り仮名は原本においてほぼすべての漢字に
 振られていますが、ここでは難読文字のみ( )付きの送り仮名としています。④冊子のページに即して
 パラグラフを分けていますが、文章が分断されているわけではありません。



西院の河原和讃
                   帝釋天王出現霊場・中国観音特別霊場 摩尼寺

是(これ)は此世(このよ)の事ならず
しでの山路(やまぢ)の裾野なる
さいの河原の物語り
聞くにつけても憐れなり
二っや三っや四っ五っ
十(とお)にもたらぬ嬰子(みどりご)が   *嬰子:乳飲み子。十歳ならば童子(わらべ)が相応しい?
さいの河原に集りて
父こいし母こいし  
恋し恋しとなく声は
現世(このよ)の声とは事変(ことかわ)り   *事変わり:様子が違っている

悲しさ骨身を通す也
彼(かの)嬰子(みどりご)の所作として   *所作:身・口・意の三業(さんごう)が発動すること。
川原の石をとり集め
是にて回向(えこう)の塔を組み    *回向:自らの徳を他者に転回すること。あるいは追善供養。
一重(いちじゅう)くんでは父の為
二重(にじゅう)くんでは母の為
三重(さんじゅう)くんでは古里の
兄弟我身と回向して
昼は独(ひと)りで遊べども
日も入相(いりあい)の其のころは   *入相:陽が山の端に入るころ。黄昏(たそがれ)時。
地獄の鬼が現われて
やれ汝等(なんぢら)は何をする
娑婆(しゃば)に残りし父母(ちちはは)は

追善(ついぜん)ざぜんの勤(つとめ)なく
只あけくれの歎(なげき)には   *あけくれ:明けても暮れても(何かに)専念する
惨(むご)や可愛や不愍(ふびん)やと
おやの歎きは汝(なんぢ)らが
苦患(くげん)を受くる種となる    *地獄におちて受ける苦しみ
我を恨むる事勿(ことなか)れと
くろがねの棒をのべ   *くろがねの棒:地獄で使う焼けた鉄の棒。尻から頭まで串刺しにされ業火であぶられる。
積みたる塔を押崩す
また積々(つめつめ)と責めければ
稚子(ちご)余りの悲しさに      *稚子:6歳くらいまでの幼子(おさなご)。「ちのみご」の略か。
実(まこと)優しき手を合わせ
宥(ゆる)し給(たま)へと伏(ふ)し拝む
汝等(なんぢら)罪なく思うかや
母の乳房(ちぶさ)が出(いで)ざれば
泣々(なくなく)胸を打つときは

八万地獄に響くなり 
母は終日(ひねもす)つかれにて    
父が抱かんとする時は
母を放れず泣く声は
天地奈落に響くなり    *奈落=地獄
云いつつ鬼は消失せる
みねの嵐の音すれば
父かと思うて走登(はせのぼ)り
谷の流れを聞く時は
母かと思うて走下(はせくだ)り
四辺(あたり)を見れども母も無し
誰(たれ)とて添乳(そいぢ)を為可(なすべき)や  *誰も添い乳をすることなんてできない
西や東にかけまわり
石や木の根に躓(つまづ)いて

手足は血潮に染乍(そめなが)ら
幼な心のあじきなや             *あぢきなし:はかない。無常な。
砂をしきつついし枕
泣々(なくなく)寝入る折からに
又清涼のかぜふけば
皆一同に起きあがり
此処(ここ)や彼処(かしこ)と泣き歩く
其時(そのとき)能化(のうげ)の地蔵尊   能化:衆生を教化する指導者。「化」とは「教える」の意。
動(ゆる)き出でさせ給(たま)ひつつ
何をか歎(なげ)く幼な児よ
なんぢら命短(いのちみぢ)かくて
冥途の旅に来たるなり
汝(なんぢ)が父母娑婆(しゃば)にあり
娑婆と冥途は程遠い

吾(われ)を冥途の父ははと
思うて明暮(あけくれ)頼めよと
幼なきものを御衣(みころも)の
裳(もすそ)の内に掻きいれて
愍(あわ)れみ給(たま)ふぞ有難(ありがた)き
未だ歩まず幼な子を
錫杖(しゃくじょう)の柄に取付(とりつか)せ
忍辱(にんにく)慈悲の御膚(みはだ)へに   *忍辱:種々の侮辱や苦しみを耐え忍び心を動かさないこと
抱(いだ)きかかへて撫擦(なでさす)り
大悲の乳房を与(あたえ)つつ         *大悲:大いなる菩薩の慈悲
泣々(なくなく)寝入る憐れさは
譬(たと)え難(がた)き御(おん)なみだ
袈裟や衣(ころも)に浸(ひた)しつつ
助け給ふぞ地蔵そん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR