fc2ブログ

登録記念物「摩尼山」リーフレット刊行!

2018摩尼パンフ01表紙01web 表紙


 摩尼山の南半が国の登録記念物になったのは2016年10月に遡ります。面積約37万㎡におよぶ日本最大の登録記念物(名勝地関係)が鳥取県内に誕生したのです。昨年度は山の3ヶ所にサインボードを設置し、今年は案内板のデータに基づきながら、登録記念リーフレットの作成に取り組んできました。
 去る11月11日にリーフレットを刊行しました。初お披露目となったのは、刊行日の前日(10日)におこなわれた「紅葉の摩尼山トレック」事前ミニレクチュア(於門脇茶屋大広間)においてです。さらに細かいことをいうと本学に納品されたのはトレック前日の9日午後であり、まさに発刊ほやほやのお披露目となったのです。後期からわたしと東京のデザイナーが協同でリーフレットの編集デザインに取り組んでおり、また社長の経営するmts一級建築設計事務所も「賽の河原」周辺の2枚の復元CG作成に挑んでおりました。またしても細かいことになりますが、入稿直前の段階でようやく2枚目のCGが完成し、紙面を大きく変更して再調整し、10日のイベントにまにあうか危惧されたのですが、なんとか摩尼寺門前で初お披露目の運びとなった次第です。おおいに喜びました。


摩尼山CG-02web 摩尼山CG-01web


 なお、本リーフレットは、平成30年度公立鳥取環境大学学内特別研究費助成「登録記念物『摩尼山』の景観整備に関する基礎的研究-賽の河原と地蔵堂の復元を中心に-」の成果の一部をなすものです。

 以下、基礎情報です。

  国登録記念物(名勝地関係)登録記念リーフレット
   B5版 8ページ 一部英訳付
  編集: 浅川 滋男+QTC
  協力: 摩尼寺・鳥取市教育委員会・mts一級建築市設計事務所
  発行: 公立鳥取環境大学保存修復スタジオ
  発売日: 2018年11月11日

 入手希望の方は本ブログにコメントください。


2018摩尼パンフ02裏表紙MAP01web トレックマップ(裏表紙)


【関連サイト】大学HP
http://www.kankyo-u.ac.jp/news/2018nendo/20181213001/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR