fc2ブログ

平成三十一 謹賀新年

2018年賀状01


 新年あけましておめでとうございます。
 年号の変わる歳を迎え、ひときわ忙しく時が過ぎていくでしょうが、 
 世相に押し流されず、落ち着いて大切な日常を過ごしていきたいと願っております。
 引き続き、研究室へのご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

                                    平成31年 元旦

BS11番組「出雲大社 巨大神殿はあったのか?」のお知らせ
放送日時: 2019年1月7日(月)午後7時~8時(再放送の可能性あり)
放送局: BS11
番組タイトル: 歴史科学捜査班「古代ミステリー 出雲大社 巨大神殿はあったのか?」
出演者: 宮本隆治(元NHKアナウンサー)他
関連サイト:
 http://www.kankyo-u.ac.jp/news/2018nendo/20181220/
 http://asaxlablog.blog.fc2.com/blog-entry-1964.html



2018年賀状02 2018年賀状03縦01
↑↓昨年12月3日の撮影です
2018年賀状04 2018年賀状05

コメントの投稿

非公開コメント

No title

テレビを観ました。
浅川があのような大発見をされたことを知りませんでした。
小さな功績でも天下を取ったようなことを言う小人が多い世の中、
真の学者はかくあるべきだと思い、益々、先生に対する尊敬の念を
篤くしました。唯一わからなかったのは、41メートル説の根拠は何
なのかと言うことです。

寄木の造営

コメントありがとうございます。わたしは移動の真っ最中で番組をみておりません(録画はしました)。さて、本殿の高さですが、平安末に「寄木(よりき)の造営」とよばれる遷宮がありましてね。出雲大社に近い稲佐ヶ浜におびただしい数の流木が打ち寄せ、その木材を用いて大型本殿を建てたというのです。流木のうち最長の材の長さが十丈(約30m)だった。それをどこに使ったかで、本殿の高さは3つの案が想定されます。A案:十丈材を棟持柱(基礎から棟木まで)に使うと、本殿の総高約33m。B案:十丈材を側柱・心柱(基礎から梁まで)に使うと、総高約41m。C案:十丈材を束柱(基礎から床まで)に使って床上に屋根を支える柱を別に建てると、総高約48m。この3案を、鎌倉時代初期とされる神郷図に描く本殿の絵と比較してみると、プロポーションが最も近いのはB案なので、総高約41mと推定した次第ですが、もう少し低くてもよい、とじつは思っています。よって浅川案は高さ40m前後としてください。なお、A案はありえますが、C案は構造的にみて建設~存続可能とは思えません。梯子はある程度急傾斜でないと、本殿正面の楼門との間にスペースがとれません。アンコールやティオティワカンの神殿が急傾斜の石段上にあるように、出雲大社本殿の殿上もまた俗人排除の聖域であった可能性があり、また遺構・構造上の観点からみても、急傾斜の梯子がふさわしいと考えています。
プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR