fc2ブログ

黒い鉢巻

祝全豪優勝!

 今夜は大坂なおみですね。家族が牡蠣鍋をほくほく頬張っているのを横目に最初から最後まで画面を凝視しておりました。正直、テニスのことはよく知らない。とくに女子については、大阪以外ではセリーナとケルバーぐらいしか選手の名前が浮かんでこないんで、昨年のWTAマスターズのベスト8を調べてみました。

1 シモナ・ハレプ(ルーマニア)
2 アンゲリク・ケルバー(ドイツ)
3 キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)
4 エリナ・スビトリナ(ウクライナ)
5 大坂なおみ(日本)
6 スローン・スティーブンス(アメリカ)
7 ペトラ・クビトバ(チェコ)
8 カロリナ・プリスコバ(チェコ)

 2019全豪オープンの対戦相手は以下のとおり。

決勝 P. クビトバ(チェコ)2-1
準決勝  K. プリスコバ(チェコ)2-1
準々決勝 E. スビトリナ(ウクライナ)2-0
ラウンド16 A. セバストワ(ラトビア)2-1
ラウンド 32 謝淑薇(台湾)2-1
ラウンド 64 T. ジダンセク(スロベニア)2-0

 印象に残ったのは謝淑薇ですね。彼女はいわゆる「高砂族」、つまり台湾先住民のプレーヤーだと思います。がんばってほしい。柔よく剛を制すの典型的なスタイルで、決勝にひけをとらない接戦を演じてくれました。正直、大坂さんが負けるかと思った。
 それにしても、チェコは悔しいでしょう。大坂さんさえいなければワンツー・フィニッシュだったわけです。しかもクビトバが優勝していたとしたら、ウィンブルドンを2回制したヒロインの華麗なる復活になったわけだから。強盗襲撃による左手の大けがなんて、そりゃ挨拶で泣きたくなるよね。
 深夜の再放送を視てあらためて気づいたのですが、1セットでクビトバは黒い鉢巻(ヘアバンド)をしていた。ちょっと不気味な風貌でした。2セットから鉢巻を外し、奠(くま)のイメージは消えたのだけど、猛暑のなか発汗と疲労が映し出されてしまった。その点、ピンクのサンバイザーの大坂さんは涼しい顔をしていた。山あり谷ありのタフな試合でしたが、勝つべき人が勝ったと再放送を横目に見ながら思ってます。感謝感激。
 どうかマスコミにふりまわされませんように。松岡修三要注意!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魯班13世

Author:魯班13世
--
魯班(ルパン)は大工の神様や棟梁を表す中国語。魯搬とも書く。古代の日本は百済から「露盤博士」を迎えて本格的な寺院の造営に着手した。魯班=露盤です。研究室は保存修復スタジオと自称してますが、OBを含む別働隊「魯班営造学社(アトリエ・ド・ルパン)」を緩やかに組織しています。13は謎の数字、、、ぐふふ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR